ニュース
» 2014年02月18日 13時20分 UPDATE

プロセッサ/マイコン:ルネサス、2018年に28nm世代フラッシュマイコンを製品化へ

ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2014年2月18日、28nmプロセス対応マイコン内蔵用フラッシュメモリ技術を、「世界で初めて開発した」と発表した。

[EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2014年2月18日、28nmプロセス対応マイコン内蔵用フラッシュメモリ技術を、「世界で初めて開発した」と発表した。ルネサスでは、まず車載用マイコンに適用していく方針で、「4年後には、今回開発したフラッシュメモリを搭載した製品のサンプル出荷を開始したい」(ルネサス)という。製品化時の生産工場については「未定」としている。

 マイコンの製造プロセスを微細化する上で大きな課題の1つが、プログラムなどを格納するフラッシュメモリ部分の微細化技術の確立であり、今回のルネサスの発表は、28nmプロセス採用フラッシュメモリ内蔵マイコンの製品化に一定のメドがついたことを意味する。

16Mバイト以上の容量を実現可能

tt140218Renesas001.jpg ルネサス エレクトロニクスのマイコン(40nm世代品)

 開発した28nmマイコン対応フラッシュメモリは、2012年に製品化した40nmマイコンのフラッシュメモリと同じMONOS(Metal Oxide Nitride Oxide Silicon)構造を採用。「試作したチップで160MHzの高速読み出しを確認した」と従来の40nm世代技術での読み出し速度(120MHz)を上回る見通し。信頼性についても、データ保持期間20年、書き換え回数25万回という従来世代同様の水準を実現したとする。

 開発したフラッシュメモリ技術で28nmマイコンを製品化した場合、「16Mバイト以上のフラッシュメモリを1チップに搭載できる」との見通しを示している。なお、40nm世代マイコンでの最大フラッシュメモリ容量は、8Mバイトだった。

 ルネサスは、「(28nmプロセスへの)微細化効果により、ロジック部分は高速かつ低消費電力なトランジスタを当社40nm比で約2倍内蔵できる上、マルチCPUコア対応、機能安全対応や、セキュリティ、複数規格のインタフェースを搭載したマイコンなどが開発可能となり、自動車の電子制御ユニット(ECU)の統合までも可能となる。今回の開発成果をもとに28nmの車載用フラッシュマイコンの開発を加速し、いち早くニーズに対応した製品を市場に投入することで、安心、安全、快適なクルマ社会を実現するユーザーの先端商品開発に貢献していく」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.