ニュース
» 2014年02月19日 15時27分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:IBM、インドで大規模な人員削減を実施

インドのIBMは、13万人を超す従業員を抱えている。そのIBMインドで大規模な人員削減が始まっている。

[Sufia Tippu,EE Times]

 IBMは、世界各国で人員削減を開始したと報じられているが、2014年2月12日の報道によると、インドが最初のターゲットとなったようだ。大手技術メーカーとしては過去最大規模の人員削減になるとみられる。

 技術関連のWebサイトWRAL TechWireは、インドのバンガロールに勤務するIBM社員のコメントを掲載している。それによると、「理不尽な解雇を言い渡された従業員は、かなり取り乱していたようだ。ノートPCがケースごと没収されたため、私物を両手一杯に抱えて泣きながら職場を出ていく者もいた」という。バンガロールだけで、約1000人の従業員が解雇されたとみられている。

 IBMは2014年1月に、2013年第4四半期の決算を発表したが、ハードウェア関連の売上高が26%減少するなど、業績が悪化していることが明らかになった。今回の人員削減は、このような業績低迷を背景としているようだ。IBMは、世界各国に43万人の従業員を抱えているが、そのうち約1万3000人が今回の人員削減の対象となる見込みだ。同社が「リソース戦略(RA:Resource Action)」と呼ぶ、労働力の均衡を再調整する方法の一環として実施するとみられる。これにより、約10億米ドルのコストを削減できるとしている。

IBM STG、バンガロールで大量解雇

 IBMの従業員がThe Economic Times(ET)紙に明かした情報によると、IBMは既に、バンガロールのIBM Systems Technology Group(STG)において、約40人の従業員に解雇を通告したという。IBMのWebサイトによれば、STGは通常、同社のハードウェア部門と位置付けられている。

 また、バンガロールの従業員が匿名を条件に提供した情報によると、「解雇対象となった従業員は、ノートPCを没収され、職場を締め出された。STGが経営難に陥ったためだと聞かされたようだが、IBMインドの従業員たちは大きな不満を抱いている。中間管理職の中には、ここ数週間で辞表を提出した者もいるようだ」という。

 IBMの従業員組織であるAlliance@IBMで全国コーディネーターを務めるLee Conrad氏は、「STGバンガロールはその日、大量解雇の場と化した。リソース戦略の対象となった従業員は、ミーティングに呼び出され、直ちに退職することを迫られた。支払われた解雇手当は、平均で基本給の3カ月分だった」と述べている。

 米国メディアの報道によると、IBMは各事業部門のマネジャーに対し、今回のリストラ実施に先立ってリソース戦略の実行に向けた準備を指示していたようだ。

13万人の従業員を抱えるインドIBM

 Conrad氏によれば、「2014年第1四半期の間に、世界各国で最大1万5000人ほどが解雇されると聞いている。米国での削減は2月26日に発表されると予想される」という。

 13万人を超える従業員を抱えているインドのIBMは、米国以外では最大規模だ。インドで解雇される人数は明確にはなっていないものの、約2000人に上るとみられている。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.