ニュース
» 2014年02月21日 16時50分 UPDATE

ディスプレイ/プロジェクタ技術:ソニーが“焦点合わせ不要”のピコプロジェクタモジュール

ソニーは、投影面との距離や角度にかかわらず焦点が合う“フォーカスフリー”を実現したピコプロジェクタモジュールを発表した。

[EE Times Japan]

 ソニーは2014年2月20日、投影面との距離や角度にかかわらず焦点が合う“フォーカスフリー”を実現したピコプロジェクタモジュールを発表した。1920×720画素のHD解像度に対応している。

 開発したモジュールは、半導体レーザーやMEMSミラーとそれぞれのドライバ、ビデオ信号処理や映像出力を制御するビデオプロセッサなどを搭載する。

TT1402SONY003.jpg ピコプロジェクタモジュールの主な構成 出典:ソニー

 光源の半導体レーザーのレーザー光線をMEMSミラーで反射、制御することで走査し、映像を投影する「レーザー走査方式」を採用した。レーザー光線は、集光性が高く直進性に優れていることから、投影面との距離や角度にかかわらず焦点が合うフォーカスフリーの映像投影が可能になったという。投影距離1mの場合は約40インチ、同3mでは約120インチの画面サイズで映像を投影できる。モジュールのサイズは、52.5×63.0×7.2mm。

TT1402SONY001.jpgTT1402SONY002.jpg ピコプロジェクタモジュール(左)とフォーカスフリーのイメージ 出典:ソニー

 ソニーによると、「独自の光学技術により、レーザー走査方式の課題であるレーザースペックルノイズ(映像の斑点状のノイズ)の低減を実現した。従来のパネル方式と比べて、より広色域、高コントラストな鮮やかで美しい映像の投影が可能になった」という。加えて、独自開発の斜め画像歪補正回路の搭載により、投影面に対して斜めから投影すると台形などに歪む映像を本来の長方形画面に補正することもできるとする。

 ソニーは今後、モジュールのさらなる小型化、高輝度化などの開発を進め、ピコプロジェクタやプロジェクタ機能を搭載した機器に向けて商品化を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.