ニュース
» 2014年02月24日 17時15分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:京セラ、水晶部品事業の再編を発表

京セラは2014年2月24日、水晶部品事業で製販一体の事業体制へと移行する内容の組織再編策を発表した。

[EE Times Japan]

 京セラは2014年2月24日、2014年4月1日付で、水晶部品営業部門を会社分割し、水晶部品の開発製造子会社である京セラクリスタルデバイス(以下、KCD)に承継させると発表した。

 京セラの水晶部品事業は、これまで京セラ本体が販売を行い、製品の開発製造は2012年4月に京セラキンセキから社名変更したKCDで展開してきた。今回、京セラ本体側の販売機能を、KCDに集約し、製販一体の体制に改めることで、水晶部品事業の強化を狙う。京セラ水晶部品営業部門の2013年3月期売上高は288億円で、京セラ全社売上高の4.8%程度となっている。

「水晶部品事業のさらなる拡大を図る」

 京セラでは、「水晶部品はスマートフォンをはじめとしたデジタルコンシューマ機器の主要部品の1つであり、今後も通信や車載用途などの需要の拡大が見込まれる。KCDに営業部門を承継させ、開発、製造部門との連携を強化することで、市場のニーズを的確、タイムリーに捉えるとともに、よりきめ細やかな対応により、水晶部品事業のさらなる拡大を図る」とコメントしている。

 KCDは2014年4月1日付で、KCDの100%子会社である京セラクリスタルデバイス北海道も吸収合併し、事業の効率化を図る方針。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.