ニュース
» 2014年03月10日 10時35分 UPDATE

LED Next Stage 2014:厚み0.4mmや発光効率100lm/Wを実現、パナソニックが有機ELパネル

パナソニックは、厚みが0.4mmと薄い「フレキシブル有機ELパネル」や、既存の調光器を用いて快適な明かりを再現することができる「スマート調光技術」などを参考展示した。光源技術と調光技術を組み合わせることで、快適な空間を再現するためのさまざまな最新技術を紹介した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 パナソニックは、「LED Next Stage 2014」(2014年3月4〜7日、東京ビッグサイト)において、厚みが0.4mmと薄い「フレキシブル有機ELパネル」や、既存の調光器を用いて快適な明かりを再現することができる「スマート調光技術」などを参考展示した。

 開発中の有機ELパネルとしては3種類を展示した。1つが薄型のフレキシブル有機ELパネルで、厚みが0.4mmと薄く湾曲させて取り付けることができるため、照明器具としての取り付け自由度を高めることができる。薄型タイプとしては0.5mm厚の有機ELパネルも紹介した。もう1つが100lm/Wを実現した高効率有機ELパネルである。現行製品の30lm/Wに比べて、約3倍の効率を達成した。「発光層の最適化設計技術や、光取り出し技術の工夫によって高い効率が可能となった。この結果、同じ明るさを得るのに小さい駆動電流で済むため、パネルの寿命を延ばすことができる」(説明員)と話す。

tm_140307panasonic01.jpg 参考展示した3種類の有機ELパネル

 もう1つ、来場者の注目を集めていたのが「スマート調光技術」の参考展示である。照明業界では、人が心地よいと感じる「色」と「明るさ」のバランスを示す指標として「クルイトフの快適領域」が用いられている。パナソニックでは、この指標を活用し、快適領域を再現できる「シンクロ調色LED照明」を提供している。

 スマート調光技術は、色温度が異なる2種類のLEDチップを内蔵したLED電球と既存の調光器を使って、簡易的なシンクロ調色LED照明を実現することができる。例えば、参考展示したLED電球は、「2000〜2500kあるいは2700〜6700kの色温度と明るさのバランスを、クルイトフの快適領域内の、ある範囲で再現できる」(説明員)という。

tm_140307panasonic02.jpg 色温度が6700kの一般的なLED電球(左)と、2700〜6700kの色温度に対応できるスマート調光型LED電球(右)を点灯した例

 さらに、色温度を100k単位で制御することが可能なカラーコントロール技術なども参考展示した。生活シーンにあった明るさと光色の演出は、快適な空間を再現するために不可欠といわれており、そのための最新有機ELパネルやLED電球技術、および調光技術を紹介した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.