ニュース
» 2014年03月14日 10時55分 UPDATE

ビジネスニュース 市場予測:無線モジュール市場が好調、2014年は2桁成長へ

低消費電力のワイヤレスモジュール市場は、堅調に成長し、2014年の売上高は14億米ドルに達する見込みだ。ワイヤレスモジュールは、設計や認証に関連するコストを減らせることから、幅広い用途で採用が進むとみられている。

[Paul Buckley,EE Times]

 市場情報の分析を手掛けるIHSが新たに発表したリポートによると、低消費電力のワイヤレスモジュールの世界市場は、2014年に2桁成長を遂げることになるという。ワイヤレスモジュールは、無線機能を迅速に実現するターンキー・ソリューションの要素だ。

 低消費電力のワイヤレスモジュールは、ホームオートメーションや家電など幅広い用途に採用されることで、市場が拡大していくとみられている。

 低消費電力ワイヤレスモジュールの2014年における世界売上高は、2013年の12億3000万米ドルに比べて14%増となる14億米ドルに達し、3年連続で2桁成長することが見込まれる。2015年も2桁成長が予想されているが、その後成長は緩やかになり、成長率は1桁台中盤から後半の数字に落ち着くという。

 IHSのコネクティビティ部門で主席アナリストを務めるLee Ratliff氏は、低消費電力のワイヤレスモジュールは、ワイヤレスのエコシステムにおいて重要な役割を担うという。無線通信チップ、マイコン、メモリ、アンテナなどを小型で安価なパッケージに収めた、ターンキー・ソリューションを実現できるからだ。

 同氏は、「モジュールは、RF設計や検証、認証に関連するコストを削減できるため、少量生産の用途でニーズが高い」と説明する。モジュールを利用することで、開発期間も短縮できる。

注目市場は、スポーツ/フィットネス

 IHSのデータによると、最も急速に拡大する低消費電力ワイヤレスモジュール市場は、スポーツ/フィットネス向けで、今後数年間で49%もの年複利成長率(CAGR)で伸びるとみられている。その他、注目すべき重要な市場としては、家電(CAGRは36%)、自動車(32%)、住宅のオートメーション(30%)がある。

 Bluetooth Smart、EnOcean、ZigBee RF4CEといった無線通信技術が堅調に成長していることも、低消費電力ワイヤレスモジュール市場の成長を後押しする要因となりそうだ。Ratliff氏は、「低消費電力ワイヤレスモジュールの採用が進むことで、無線の独自プロトコルの適用は減っていくだろう。2011年は、独自プロトコルを採用したワイヤレスモジュールが、モジュール全体の88%を占めていた。だが、2018年までにはそれが50%まで下がるとみられている」と述べている。

mm140314_ihs.jpg 低消費電力ワイヤレスモジュールの世界売上高の予測(単位は百万米ドル) 出典:IHS

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.