ニュース
» 2014年03月26日 11時15分 UPDATE

電源設計:トレックスがLED照明の設計を容易にするWebシミュレータを公開

トレックス・セミコンダクターは、LED照明用制御ICの発売に合わせて、LED照明回路を設計、シミュレーションできる無償のオンラインシミュレータの公開を開始した。

[EE Times Japan]

 トレックス・セミコンダクター(以下、トレックス)は2014年3月25日、LED照明用オフラインコントローラICとして、電流検出精度を高めた製品「XC9401シリーズ Cタイプ」を発表した。既に量産を行っており、サンプル価格は200円(税別)。なおトレックスは新製品発表に合わせて、XC9401 Cタイプを使用したシステムを簡単に設計、動作確認できるWebシミュレータ「TOREXsim.」の公開をスタートさせた。

tt140325TOR001.jpg XC9401 Cタイプのデモボード

 トレックスは、LED照明用オフラインコントローラICとして、85Vから270VのACとDC入力で動作できるXC9401シリーズを展開。これまで高い力率を追求したAタイプや、LED電流を一定に保つことを優先したBタイプを製品化。今回、新たにピーク電流検出精度を高めたCタイプを製品化した。

 新製品のCタイプは、Bタイプをベースに開発し、Bタイプのピーク電流検出精度をさらに高め(ISEN電圧精度=±2.5%)、部品選定の自由度向上やLED電流のさらなる安定化を図った。パッケージも、A/BタイプがSOT-26を採用していたのに対し、Cタイプではより汎用的なSOT-25を採用し、より小型化し、使いやすくした。

 XC9401シリーズは、EN/DIM端子にHigh/Low信号を入力することで、IC内部出力回路のオンオフが可能。500〜1kHz程度のパルスを入力してのPWM調光にも対応できる。特に新しいCタイプは、EN/DIM端子の入力追従性を高速化し、LED電流1〜100%でのスムーズなPWM調光が行える点も特徴の1つだ。

 トレックスではXC9401シリーズを展開する中で、LED照明市場のニーズに応える形でアプリケーションノートや外付け部品の最適定数を簡単に算出できる「計算シート」など技術支援ツールを数多く用意し技術サポート体制の強化を行ってきた。今回、Cタイプ品の発売に合わせて、オンライン上で、LEDの回路を簡単に設計でき、動作確認できるWebシミュレータTOREXsim.の提供を開始した。

tt140325TOR002.jpg TOREXsim.の画面例 出典:トレックス・セミコンダクター

 ユーザー登録のみで無償利用できるシミュレータで、任意の要件を選択、入力するだけで短時間にLED回路を設計可能。設計した回路の動作を短時間にシミュレーションでき、各種波形などで確認できる。確認後、定数変更や部品変更も簡単に行え、さまざまな条件で何度も動作確認することができる。シミュレーション結果は、BOMリストなどとともに保存、プリントアウトできる。現状、TOREXsim.に対応する製品はXC9401 Cタイプのみだが、順次対応製品を拡大させ、「今後、発売するLED向けICは、全てTOREXsim.に対応させる方針」(トレックス)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.