ニュース
» 2014年03月31日 10時33分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:“最後のノード”はどれなのか

EE Times Japanで先週(2014年3月22日〜28日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「ムーアの法則、28nmが“最後のノード”となる可能性も」、2位は「「微細化によるコストダウンは行き詰まり」――シノプシス会長」、3位は「ルネサス、シンガポールの後工程拠点を閉鎖へ」がランクインしました。

 半導体微細化の記事には、いつも高い関心が寄せられます。今回のランキングでも1位と2位は、微細化に関わるものでした。特に1位の記事は、“そもそもムーアの法則とはどういうものなのか”について焦点を当てています。微細化については、「「ムーアの法則は間もなく終えんを迎える」、BroadcomのCTOが語る」「FinFET以降の半導体製造技術はどう進む? IBMの見解」「「ムーアの法則は今後10年以上は続く」、Intelが“限界説”を否定」などもご覧ください。

 9位は、ロボットの記事です。工業、産業、医療などさまざまな分野で進化しているロボット技術。「自動運転車や農林ロボットにみる「世界のロボット事情と日本の現状」」「どんな姿にも変形できる極小ロボット、タンパク質に着想を得てMITが開発」も、おすすめの記事です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.