ニュース
» 2014年05月15日 09時00分 UPDATE

ESEC2014 速報:ケーブルレス! リコーがガンタイプの画像検査装置を公開

リコーは、PC接続が不要でケーブルレスで使用できるスタンドアロン型のハンディ画像検査装置を開発し、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)で公開した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 リコーは、PC接続が不要でバッテリ駆動のハンディ型画像検査装置を開発し、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)で初めて公開した。軽く片手で簡単に操作できる形状で、機器や自動車内部を画像検査することができる。発売時期は未定。

 開発した画像検査装置は、あらかじめ登録した画像パターンと同一かどうかの良否判定を行う装置で、主にラベルの貼り間違い、貼り忘れを検出する用途向けに開発したもの。2つの画像パターンを認識させ、その位置関係で良否判定する機能もあり、ラベルの貼付位置の良否判定なども行える。

 こうした画像パターンに基づく良否判定を行う画像検査装置は、カメラユニットにPCを接続し、PC上で画像認識/良否判定処理を行うものがほとんどで、ベルトコンベアを流れてくる製品を撮影、検査する据え置き型装置が一般的だ。

 ただ、カメラユニットを固定する据え置き型画像検査装置では、大型機器の内部に貼られたラベルなどを検査することができないという欠点がある。そこで、カメラユニットを取り回せるハンディ型の画像診断装置も存在するが、PCと接続するためのケーブル接続が必要で、良否判定結果もPC側を確認しなければならなかった。

 これに対しリコーは、カメラユニットと従来PCで行っていた画像認識/判別処理機能をガンタイプの端末内に一体化することで、PCレス、ケーブルレスの画像検査装置を実現した。

tt140515RICOH001.jpg 開発したガンタイプのハンディ型画像検査装置。持ち手内部に交換可能な充電池が装着されており、重心が持ち手近くにあるため見た目よりも軽い印象を受けた (クリックで拡大)

FPGAで処理をハード化し高速判定を可能に

tt140515RICOH002.jpg デモの様子。検査対象に装置をかざし、持ち手に付いている引き金を引くことで検査が始まり、100ミリ秒以下の短時間で良否判定結果を知らせる音がなる。HDMIケーブルでモニターと接続し、検査状況を表示することもできる (クリックで拡大)

 画像認識/判別処理は、処理量が大きいため、これまでは処理能力の高いPC上での処理が不可欠だったが、リコーではCPUコア「ARM Cortex-A9」を2個搭載するFPGA「Zynq」(ザイリンクス製)を使用し、処理の一部をハードウェア化することで、PCレスでも高速な画像検査を可能にした。良否判定にかかる処理時間は、「製造ラインで要求されている100ミリ秒以下を実現した」(説明員)とし、ESEC2014での動作デモでは、10ミリ秒〜20ミリ秒でラベルの良否判定を行っていた。認識可能な最小パターンは、「現状、10mm角程度」という。

 良否判定結果は、「ピー」「ピッピー」の2種類の音で知らせる他、LEDでも表示可能。また、HDMIインタフェースを使用すれば、外部モニターで表示することもできる。画像パターンの登録や各種パラメータ設定も、装置にモニターとマウスなど入力装置(USB経由)を接続するだけでPCレスで行える。

 バッテリ駆動時間は、「フル稼働させた場合で、おおよそ4〜5時間」。バッテリは簡単に取り換えることができ、予備のバッテリを用意すれば、連続稼働が可能」。重さはバッテリを含め、「400g以下程度」。

 同社は、「ラベル検査以外にも本技術をベースとした応用展開を検討しており、発売時期や価格については、現時点では未定」としている。

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.