ニュース
» 2014年05月15日 11時45分 UPDATE

ESEC2014 速報:「Galileo」向けセンサーボード、ロームのBluetooth LEモジュール搭載

ロームは、インテルのQuarkプロセッサを搭載した開発ボード「Galileo」向けセンサーボードを「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」に展示した。このセンサーボードには消費電流を抑えたBluetooth Low Energy(LE)モジュールなどが搭載されている。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 ロームは、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(2014年5月14〜16日、東京ビッグサイト)において、インテルのQuarkプロセッサを搭載した開発ボード「Galileo」向けセンサーボードを展示した。ヘルスケア/フィットネス機器など、各種センサーや近距離無線通信機能を応用したQuark搭載製品のアプリケーション開発が容易となる。

 センサーボードは、Bluetooth Low Energy(LE)モジュールやMEMS3軸加速度センサーなどを搭載している。Arduino互換となっており、Galileo との接続も容易だ。Bluetooth LEモジュールには、ラピスセミコンダクタ製のBluetooth LE LSIを内蔵している。このLSIは動作時の消費電流が10mA以下と小さく、低消費電力を実現している。「ZigBee規格に対応したLSIに比べて消費電流は約半分」(説明員)という。Bluetooth Core Spec v4.0の認証も取得済みだ。また、同モジュールにはパターンアンテナも実装されているため、無線通信ブロックの実装面積を小さくすることが可能となる。MEMS3軸加速度センサーはモバイル機器向けに多くの搭載実績を持つ製品である。

tm_140514rohm01.jpg インテルのQuarkプロセッサを搭載した開発ボード「Galileo」に実装されたセンサーボードの外観

 ロームはBluetooth LEモジュールの事業化について、ウェアラブルセンサーやIoTゲートウェイなどの用途に向けて、「2014年夏をめどに量産する予定」(説明員)である。

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.