ニュース
» 2014年05月16日 10時57分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:2013年のファブレスランキング、中国・台湾勢の躍進目立つ

2013年のファブレス半導体企業は、多くが成長を遂げた。中でも中国・台湾企業の成長が目立っている。一方で、ファブレス半導体メーカー間で買収が進み、2014年にはランキングから名前が消えるとみられるメーカーも複数ある。

[Peter Clarke,EE Times]

 米国の市場調査会社IC Insightsがまとめたファブレス半導体企業のトップ25社ランキングで、最も急速に成長している8社のうち5社が中国もしくは台湾の企業だった。

 中国のSpreadtrum Communicationsが前年比成長率48%で首位、その後に台湾のMediaTek、米国のQualcomm、ドイツのDialog Semiconductorが続く。これら4社はすべて、民生用モバイル機器市場に重点的に取り組んでいる。

 2013年のファブレス半導体市場全体の売上高は779億1000万米ドルで、2012年の721億1000万米ドルから8%増加した。ファブレス分野は半導体市場全体の年間成長率(4〜5%)よりも高い成長率を遂げたことになる。トップ25社の売上高成長率は12%だったが、25社以外の企業の売上高合計は前年比で5%減少した。

mm140516_fabless.jpg 2013年におけるファブレス半導体企業の売上高ランキング(クリックで拡大) 出典:IC Insights

 2013年のファブレス半導体企業トップ25社のうち、14社が米国、5社が台湾、2社が中国、1社が欧州、1社が日本、残りの1社がシンガポールにそれぞれ拠点を置いている。

 2013年の売上高が10億米ドルを超えたのは14社で、2012年の数と同じだった。2013年のトップ25社の売上高合計は、ファブレス半導体企業の売上高全体の81%を占めている。

買収も進むファブレス半導体業界

 25社以外のファブレス半導体企業の売上高は前年比で5%減少した。これは主に、次に挙げる3件の買収と1件の撤退によるものである。

  • Volterra SemiconductoraはMaxim Integratedに買収されたことにより、2012年には1億6800万米ドルだった売上高が2013年には1億1400万米ドルに減少した
  • SMSC(Standard Microsystems)は2012年に2億5000万米ドルの売り上げを計上していたが、同年第3四半期にMicrochip Technologyに買収されたことにより、2013年の売上高はゼロになった(関連記事:マイクロチップがSMSCを買収、車載分野への展開拡大も視野に
  • Trident Microsystemsの売上高は2012年に1億6000万米ドルだったが、2012年第4四半期に会社を清算したことで、2013年の売上高はゼロになった
  • 川崎マイクロエレクトロニクスの2012年の売上高は1億2500万米ドルだったが、メガチップスに買収されたことで、2013年の売上高はゼロになった

 メガチップスは日本企業として唯一、ファブレス半導体企業のトップ25社ランキングに入った。IC Insightsは、台湾や中国でIC設計を手掛ける企業が発展し続けるのに伴い、ファブレス半導体企業のランキングの上位に食い込む台湾・中国企業の数は増えると予測している。

 なお、2014年のランキングでは、今回のランキングに入った企業のうち2社が消えるとみられる。Avago TechnologiesがLSI Corporationの買収を、MediaTekがMStarの買収を発表しているからだ(関連記事:アバゴがLSI社を66億ドルで買収へ)。

mm140516_fabless1.jpg ファブレス半導体企業の売上高は、1999年から2013年にかけて右肩上がりで成長している 出典:IC Insights

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.