ニュース
» 2014年05月19日 10時28分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:どうしてもモバイル市場では弱いインテル

EE Times Japanで先週(2014年5月10日〜16日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「室温印刷プロセスで有機TFTを実現、紙や皮膚にも形成が可能に」、2位は「インテルはモバイル市場から撤退すべき、アナリストが指摘」、3位は「東芝が四日市工場の第2棟を建て替え、3Dメモリの製造に向けて」がランクインしました。

 2位は、インテルのモバイル通信事業部に関連する記事です。インテルはモバイル市場に攻勢をかけていますが、その存在感はPC市場並みとはまだまだいえない状況です。「インテルがモバイル市場であまり強くはない」というのは、数年前からいわれ続けてきました。いまだにそれが変わらないというのは、モバイル市場の厳しさを表わしているのかもしれません。「なぜ弱い? Intelのテレビ/スマホ関連事業」「Intelがスマホ向け新プロセッサを発表、モバイル市場で存在感を示せるか?」なども併せてお読みください。

 今週のランキングで注目すべきは5位の記事でしょうか。2014年2月の記事ですが、ここにきて上位に浮上してきました。これまでは低迷や低調といったネガティブな言葉ばかりが多かった半導体市場ですが、世界的にみれば2014年は好調なスタートを切っています(2014年の半導体市場は好調な滑り出し、売上高は260億ドル超)。

 さらに、2013年度の決算では、ルネサス エレクトロニクスが営業黒字を達成、東芝が営業益47%増、パナソニックも3年ぶりの黒字など、明るいニュースも出てきました。今回の決算説明では、「何としても黒字化を」という強い決意が見て取れました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.