ニュース
» 2014年05月26日 10時28分 UPDATE

2007年をピークに右肩下がり:液晶モニター市場の縮小続く、スマホ普及の波に勝てず

デスクトップPC向け液晶モニター市場の縮小が続いている。ノートPCの普及による影響はそれほどでもなかったが、スマートフォンやタブレット端末の台頭は大きく影響したようだ。

[Julien Happich,EE Times]

 米国の市場調査会社であるNPD DisplaySearchの報告書「Quarterly Desktop Monitor Shipment and Forecast Report(デスクトップPCモニターの四半期出荷動向と予測)」によると、スマートデバイスの普及に押され、2014年第1四半期のLCD(液晶ディスプレイ)モニターの出荷数は、過去10年で最低を記録した。

 NPD DisplaySearchは、「同四半期のデスクトップPC向けのLCDモニター(以下、デスクトップモニター)の総出荷数はわずか3420万台で、2004年第3四半期以来の低水準を記録した。なお、2004年第3四半期は、LCDモニターとCRTモニターの出荷数が合計で3330万台だった」と述べている。

 2014年第1四半期のデスクトップモニターの出荷数は、前年と比べて2%、前四半期と比べると3%減少し、2011年第4四半期から10四半期連続で減少している。だが、デスクトップモニターの減少の兆候は、タブレット端末が市場に投入された2010年第1四半期からわずか3四半期後の2010年第4四半期にはみられていた。

mm140526_lcd.jpg 2004年第1四半期から2014年第1四半期における、デスクトップモニターの出荷数の推移。なお、2010年までは、LCDモニターだけでなくCRTモニターも含まれている 出典:NPD DisplaySearch

 NPD DisplaySearchは、「デスクトップモニター市場の縮小には、いくつかの要因がある」と指摘する。その1つに、同市場が既に成熟した市場だったことが挙げられる。デスクトップモニターの出荷数は、1億8000万台を記録した2007年にピークを迎えている。

 タブレット端末の登場以前にも、デスクトップPCからノートPCへの置き換えは徐々に進んでいたが、ノートPCの普及による影響はそれほど大きくはなかった。しかし、スマートデバイスが登場すると、PCの使われ方がそれまでとは一変し、デスクトップPC/ノートPCからスマートフォンやファブレットに多くのエンドユーザーが流れた。

 今後は、デスクトップモニター市場の低迷はさらに進むと予想される。この傾向が覆される可能性は極めて低いと思われる。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.