ニュース
» 2014年05月27日 12時00分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:SEMI、2014年第1四半期のウエハー出荷面積は前期比7.1%増と発表

半導体関連の業界団体であるSEMI(Semiconductor Equipment and Materials International)は、2014年第1四半期の世界シリコンウエハー出荷面積が前期比で7.1%増加したと発表した。

[EE Times Japan]
120_rk_140527semi.gif

 半導体関連の業界団体であるSEMI(Semiconductor Equipment and Materials International)は2014年5月19日(米国時間)、2014年第1四半期(1〜3月期)の世界規模のシリコンウエハーの出荷面積が前期の2013年第4四半期(10〜12月期)と比べて7.1%増加したと発表した。

 SEMIのSilicon Manufacturers Group(SMG)によれば、2014年第1四半期に出荷されたシリコンウエハー面積は23億6400万平方インチ。2013年第4四半期の22億800万平方インチと比べて7.1%増加している。なお、前年同期比では11.1%増となっている。

semi_graph.jpg ウエハーの出荷面積の推移(クリックで拡大)出典:SEMI

 SEMI SMGの会長で、信越半導体 社長室担当部長の角谷宏氏は、「2014年第1四半期のシリコンウエハー出荷面積は、前期比、前年同期比ともに増加した。これは他の半導体産業の諸データが状況の改善を示していることと一致している」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.