ニュース
» 2014年05月29日 12時15分 UPDATE

最大100W給電するUSB PD準拠:ルネサス、大電力給電USB対応の評価ボードを米社と共同開発

ルネサス エレクトロニクスは、USBインタフェースを介して数十Wの大電力を供給する「USB Power Delivery Specification」(USB PD)に準拠した評価ボードを米半導体メーカーと開発したと発表した。

[EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2014年5月29日、USBインタフェースを介して数十Wの大電力を供給する「USB Power Delivery Specification」(以下、USB PD)に準拠した評価ボードを米半導体メーカーDiodes(ダイオード社)と共同開発したと発表した。2015年の発売を予定する。

 USB PDは、ノートPCなどさまざまなモバイル機器への給電をUSBインタフェースを介して行うために2012年7月にUSB規格策定団体「USB Implementers Forum」によって仕様策定された規格。USBケーブルで最大100Wまで給電できるようになる。

tt140529Renesas001.jpg 2013年11月に開催された「組込み総合技術展」(ET2013)でルネサスが公開したUSB PDの動作デモの様子

 ルネサスでは、以前からUSB PD対応のコントローラICの開発を進めており、2013年11月に開催された「組込み総合技術展」(ET2013)でもディスクリート構成のボードによるUSB PDのデモを公開するなどしていた(関連記事:USBで100W給電も可能――ルネサスが「USB PD」の動作デモを公開)。

 今回、ディスクリート半導体などを製造するDiodesと連携し、ルネサスが「間もなく製品化予定」というUSB PD対応のコントローラICと、Diodesのマルチモード・アクティブ・レクティファイアー(整流器)を搭載した評価ボードを開発。同ボードを使用することで「USB PDに準拠したACアダプタや充電ケーブルの開発期間を短縮できる」(ルネサス)という。

 なお、両社は2014年6月3〜7日に台湾で開催される「COMPUTEX TAIPEI」で開発した評価ボードの展示を行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.