ニュース
» 2014年06月02日 14時50分 UPDATE

USB Power Delivery:ルネサスがUSB PD準拠LSIの製品化を発表

ルネサス エレクトロニクスの「μPD720250」は、USBインタフェースを介して最大100Wを給電することが可能となるUSB PD仕様(USB Power Delivery Specification)準拠のコントローラLSIである。ノートPCよりUSB経由で大型モニターにビデオ出力中であっても、大型モニター側から、ノートPC側への給電を同時に行うことができる。

[EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2014年6月、USBインタフェースを介して最大100Wを給電することが可能となるUSB PD仕様(USB Power Delivery Specification)準拠のコントローラLSI「μPD720250」を開発し、2014年7月よりサンプル出荷を始めると発表した。

 USBを介して、スマートフォンやタブレット端末といったモバイル機器の充電を行うことは一般的になってきた。しかし、従来のUSB規格では給電能力が最大7.5W(5V/1.5A)となっていたため、給電可能な機器は限られている。これに対して2012年に策定されたUSB PD仕様は、最大100W(20V/5A)の給電を可能とする規格である。

 μPD720250は用途に適した電源回路と組み合わせることにより、ノートPCへのUSB給電や、スマートフォンなどに内蔵された電池への充電時間短縮が可能になるという。さらに、これまでは給電がホスト側から周辺機器へと一方的であったが、USB PD仕様ではノートPCよりUSB経由で大型モニターに映像信号を出力中であっても、AC電源に接続された大型モニター側から、ノートPC側への給電を同時に行うことができるようになった。

tm_140602renesas01.jpg μPD720250の外観

 μPD720250は、電源管理が行えるインタフェース規格である「SMBus」経由で制御することができるため、タブレット端末などへの実装が容易だ。また、電源電圧は3.3V単一で動作するが、内部には1.0Vを出力するためのLDOを内蔵している。パッケージは外形寸法が5×5mmの32端子QFNで供給する。48端子QFNや28端子SOPの製品化も検討中である。しかも、Energy StarやEuP指令に対応した低消費電力設計のLSIとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.