ニュース
» 2014年06月03日 13時00分 UPDATE

ビジネスニュース 特許/知財:東芝がパワーチップなど4社をNANDメモリの特許侵害で提訴

東芝は2014年6月3日、台湾のパワーチップテクノロジーなど4社が東芝の所有するNAND型フラッシュメモリ関連特許を侵害しているとして、台湾知的財産裁判所に訴訟を提起したと発表した。

[EE Times Japan]

 東芝は2014年6月3日、台湾のパワーチップテクノロジーなど4社が東芝の所有するNAND型フラッシュメモリ関連特許を侵害しているとして、台湾知的財産裁判所に訴訟を提起したと発表した。

製造/販売差し止めと損害賠償を請求

 東芝に訴えられたのは、パワーチップテクノロジー、パワーフラッシュテクノロジー、ゼンテルエレクトロニクス、シーティーシーの4社。東芝は、台湾特許第154717号、第I238412号に基づき、NAND型フラッシュメモリ(製品番号:A5U2GA31BTS-BCなど)の製造/販売の差し止め、1億台湾ドル(約3.4億円)の損害賠償を求めている。なお、請求額については、「一部請求額であり、今後の裁判に応じて拡大させる」(東芝)。

「一切応答がなかった」

 東芝は、「パワーチップテクノロジーを含む4社は、当社に無断でこれら特許を使用してNANDメモリの製造や販売を行っている。当社は、特許の不正利用に関してパワーチップテクノロジーに対して協議を申し入れていたが、一切応答がなかったため、今回の訴訟提起に至った」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.