ニュース
» 2014年06月06日 14時20分 UPDATE

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:バスが丸ごと“Wi-Fi基地局”に、ドコモが5G技術をアップデート

NTTドコモは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で、「ムービングノード」と呼ばれる大型アンテナを用いた第5世代(5G)の通信技術を紹介した。バスや電車などの移動体にこのアンテナを設置し、そこをWi-Fi基地局のように使うという仕組みである。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 NTTドコモは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014、2014年5月28〜30日)で、第5世代(5G)の通信技術として、「無線バックホールにおけるMassive MIMO」を展示した。Massive MIMOは、基地局に100以上のアンテナを設置し、多数のユーザーと同時接続する技術である。ただし、同技術を導入するには端末側のアンテナスペースが限られている(アンテナ素子を増やせない)ことが課題になる。

 そこでNTTドコモは、「ムービングセル」と呼ばれる大型アンテナを用いてMassive MIMOを導入する方法を提案した。ムービングセルをバスや電車などの移動体に設置するというものだ。ムービングセルは基地局からの電波を受信し、それを車内に発信する。これによってシステムスループットを増やすという。ムービングセルは、基地局から見れば“端末”となり、バスや電車の乗客から見れば“基地局”となるイメージだ。ムービングノードと端末は、LTEやWi-Fiで接続することを想定している。

mm140606_docomo.jpg 「ムービングセル」の概念図。ムービングセルに、具体的にいくつアンテナ素子を搭載するかなどは決まっていないという(クリックで拡大)

 NTTドコモの担当者は「バスや電車はそもそも電波が入りにくく、入っても減衰しやすい場所だ。ムービングノードを設置すれば、こうした状況を解消できる。さらに、端末側から見れば“基地局”との距離が近くなるので、端末の消費電力を抑えることにもつながるかもしれない」と述べている。

 NTTドコモは、「CEATEC JAPAN 2013」(2013年10月1〜5日)でも、5Gの技術を紹介している。その際は、

  1. 高周波数帯/広帯域幅の有効活用
  2. ネットワークの高密度化
  3. 周波数利用効率の向上

が鍵になるとして、これらの要素を用いたシミュレーションを行った。その結果、5Gでは通信容量がLTEに比べて1400倍になるとしている(関連記事:ドコモが目指す“5G”の世界、通信容量はLTEの1400倍に?)。


ワイヤレスジャパン2014 / ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.