ニュース
» 2014年06月06日 14時45分 UPDATE

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:80GHz帯対応の無線伝送装置、山間部でもつながりやすく

NECは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で、80GHz帯の狭帯域に対応した高速無線伝送装置を展示した。河川の近くや山間部など、光ケーブルの敷設が難しい場所での中継伝送に向く。500MHz帯域幅で最大3.2Gビット/秒の伝送が可能になるという。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 NECは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014、2014年5月28〜30日)で、80GHz帯の狭帯域(チャンネル幅250MHz)に対応した無線伝送装置「iPASOLINK(アイパソリンク) EX」を展示した。iPASOLINK EXは、電波の送受信部と変復調部を一体型にした屋外設置用の「iPASOLINK AOR(All Outdoor Radio)」シリーズのラインアップの1つ。海外では既に販売されているもので、国内では2014年5月29日に開始したばかりである。

 80GHz帯は電波の直進性が強く、大気の影響による減衰が少ない、大容量通信に適した周波数帯である。河川付近や山間部など、光ケーブルを敷設しにくい場所での中継伝送に向いている他、高精細/大容量の映像を非圧縮、低遅延で伝送できる。

 80GHz帯狭帯域の使用については、総務省が電波法の改正を進めているさなかで、2014年夏にも制度化が整う見込みだ。連続する250MHz帯域幅のチャンネルを束ねて、500MHz帯域幅として使用することも制度化される予定となっている。iPASOLINK EXは、変調方式に256QAMを採用することで、500MHz帯域幅では最大3.2Gビット/秒の通信が可能になるという。

 なお、iPASOLINK EXの出荷は、電波法の改正後になる。

mm140606_nec1.jpgmm140606_nec2.jpg 「iPASOLINK EX」の外観。電波の送信距離は、最大3.9kmである(クリックで拡大)

ワイヤレスジャパン2014 / ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.