ニュース
» 2014年06月12日 14時00分 UPDATE

画像センシング展2014:「Haswell」や各種I/O搭載、Mini-ITXサイズの画像処理用ボード

アバールデータは、インテル製の最新プロセッサ「Haswell」を搭載したMini-ITX規格対応の画像入力処理用ボード「ASB-1300T6」などを「画像センシング展2014」でデモ展示した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 アバールデータは、「画像センシング展2014」(2014年6月11〜13日、パシフィコ横浜)において、インテル製の最新プロセッサ「Haswell」を搭載したMini-ITX規格対応の画像入力処理用ボード「ASB-1300T6」などを展示した。

 ASB-1300T6は、標準で「Core i5-4400E」、オプションで「Core i7-4700EQ」あるいは「Celeron 2000E」を実装したCOM Express(Type6) CPUモジュールを採用している。基板サイズはMini-ITX規格に対応していることから、組込みシステムに対する汎用性が高い。

 また、マシンビジョン用カメラ向けにPower Over Camera Link規格SDRコネクタを2チャネル分、光ファイバーコネクタ(Opt-C:Link)を2チャネル分、画像入力制御用の汎用I/Oコネクタと光アイソレーションDI/Oをそれぞれ1チャネル分など、さまざまなI/Oを搭載している。さらに、1000BASE-T対応LANやUSB3.0などのインタフェースも備えている。

tm_140611avaldata01.jpg ブースでは、5台のカメラをOpt-C:LinkとUSB3.0に接続し、入力した映像をディスプレイに表示するなどのデモを行った (クリックで拡大)

 「ASB-1300T6は、最新のCPUを搭載したPCボード上に、Camera LinkやOpt-C:Link、USB3.0などのI/Oを盛り込みながら、小型化したオールインワン型の画像処理入力プラットフォームである。その上、メイドインジャパンが当社製品の特長である」(説明員)と話す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.