ニュース
» 2014年06月20日 13時00分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:「誇らしく」「使いたくなる」製品を提供、エプソンのウェアラブル事業戦略 (1/2)

セイコーエプソン(以下、エプソン)は、ウェアラブル事業戦略について説明会を開催した。「センサー技術」や「マイクロディスプレイ技術」および「省エネルギ、小型化、高精度を実現する技術」をベースに、これらを融合したウェアラブル機器を開発していく。数年後には同事業で100億円の売り上げ規模を見込む。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 セイコーエプソン(以下、エプソン)は2014年6月19日、ウェアラブル事業戦略について東京都内で説明会を開催した。「センサー技術」や「マイクロディスプレイ技術」および「省エネルギ、小型化、高精度を実現する技術」をベースに、これらを融合したウェアラブル機器を開発していく。数年後には同事業で100億円の売り上げ規模を見込む。

ウェアラブルで100億円へ

 エプソンは、2015年度における企業の姿をイメージした長期ビジョン「SE15」の中で、ウェアラブル事業を新たな成長領域と定義して、関連する技術や製品の開発に取り組んできた。同社は1969年にクオーツウオッチ、1982年にテレビウオッチ、1985年にリストコンピュータを商品化するなど、ウェアラブル機器の製品化においてリーダー的な役割を果たしてきた経緯がある。そのコアコンピタンスとなるのが「省・小・精の技術」(省エネルギ、小型化、高精度)である。

tm_140619epson01.jpg エプソンは長期ビジョン「SE15」の中で、ウェアラブル事業を新たな成長領域と定義している (クリックで拡大) 出典:エプソン

 エプソンが考えるウェアラブル事業は、消費者の関心が高い趣味や興味、あるいは健康(運動)や医療などに関わる情報を、高い精度で取得する。そのデータを蓄積・分析することで情報の価値を高め、必要とする消費者が活用できるような環境を提供することである。例えば、高精度センサーを搭載したウェアラブル機器で利用者のデータを取得する。それらのビッグデータを各分野の専門家が分析する。そして、価値ある情報をスマートグラスなどのディスプレイ装置に分かりやすく表示する。これら一連のサービスを提供していくための仕組みを提案する。

tm_140619epson02.jpg より良いライフスタイルを実現するために、価値の高い情報を提供する仕組みを提案する (クリックで拡大) 出典:エプソン
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.