レビュー
» 2014年07月02日 09時00分 UPDATE

製品解剖:Samsungの新スマートウオッチ「Gear 2」を分解 (1/2)

2013年に発売され、既にスマートウオッチ市場でトップのシェアを占めるSamsung Electronics(サムスン電子)の「Galaxy Gear」。2014年2月には、後継機種となる「Gear 2」が発表された。iFixitが分解しているので、その様子を見ていこう。

[EE Times Japan]

 Samsung Electronicsは2013年9月に、同社初となるスマートウオッチ「Galaxy Gear」を発売した。市場調査会社のStrategy Analyticsによれば、2014年1月〜3月におけるGalaxy Gearの出荷台数は約50万台に上り、スマートウオッチの世界市場の71%を占めたという。

 Samsungは、2014年2月にスペイン バルセロナで開催された「Mobile World Congress(MWC)」で、Galaxy Gearの後継機種となる「Gear 2」「Gear 2 Neo」を発表した。

 Galaxy GearはAndroid OSを採用していたが、Gear 2/Gear 2 NeoはTizenベースになっている。Gear 2はSamsung独自の有機ELディスプレイ「Super AMOLED」(1.63インチ、320×320画素)、4Gバイトの内蔵メモリを搭載している。2Mピクセルのカメラは、720pの動画を30fps(フレーム/秒)で撮影可能だ。さらに、Bluetooth Low Energyに対応している。

 モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitは、Gear 2の分解を行っている。どんな部品が採用されているのだろうか。

mm140701_gear1.jpg Samsung Electronicsのスマートウオッチ「Gear 2」(クリックで拡大) 出典:iFixit
mm140701_gear2.jpg 電池の容量は300mAh。Samsungによれば、電池の持ちは通常の使用で2〜3日くらいだという(クリックで拡大) 出典:iFixit
mm140701_gear3.jpg 2Mピクセルのカメラを取り外す(クリックで拡大) 出典:iFixit
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.