ニュース
» 2014年07月08日 12時20分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:2015年の半導体製造装置市場、2000年以来2番目の高水準へ

半導体製造装置/材料関連の業界団体であるSEMIは、2014年年央時点の半導体製造装置市場予測を発表し、2015年の半導体製造装置(新品)販売額が425億米ドルに達するとの見通しを示した。

[EE Times Japan]

 半導体製造装置/材料関連の業界団体であるSEMI(Semiconductor Equipment and Materials International)は2014年7月7日(米国時間)、2014年年央時点の半導体製造装置市場予測を発表し、2014年年間の半導体製造装置(新品)販売額は「前年比20.8%増の384億米ドルに達する」とした。

 半導体製造装置の販売額は、2012年、2013年と2年連続で前年比減となったが、2014年は前年比20.8%増という高い水準での反転が予測された。販売増を引っ張る要因としてSEMIは、「20nm以下の最先端微細プロセス技術関連投資」、「NAND型フラッシュメーカーの『3D NAND』など最先端技術への投資や生産能力増強」、「DRAMでのモバイル用途向け技術アップグレード投資」、「フリップチップ/ウエハーレベルパッケージなど先進パッケージに関する生産能力増強」を挙げている。

 2015年の半導体製造装置販売額についても、「世界のあらゆる地域で投資額の増加を予測している」とし、2014年(予測)比10.8%増の425億米ドルに達すると予想。なお、425億米ドルの市場規模は、過去最大だった2000年の477億米ドルに次ぐ、史上2番目の規模に相当する。

装置種別市場予測
装置名 2013年(実績) 2014年予測 前年比成長率 2015年予測 前年比成長率
ウェーハプロセス処理装置 25.36 31.12 22.7% 34.81 11.9%
テスト装置 2.72 3.06 12.5% 3.11 1.6%
組立およびパッケージング装置 2.32 2.52 8.6% 2.55 1.2%
その他装置 1.42 1.74 22.5% 2.12 21.8%
合計 31.82 38.44 20.8% 42.59 10.8%
※金額の単位は10億米ドル 出典:SEMI

台湾が首位

 地域別では、2014年は「その他の地域」を除いて、2015年は全ての地域で前年比増の成長を予測。2014年、2015年ともに、これまで同様、台湾が世界最大の半導体製造装置市場となる見込み。日本については、2014年は、8.0%増と他地域に比べ低い成長にとどまるものの、2015年は15.6%増と市場平均を上回る予測となっている。

地域別市場予測
地域名 2013年(実績) 2014年予測 前年比成長率 2015年予測 前年比成長率
台湾 10.57 11.57 9.5% 12.27 6.1%
韓国 5.22 6.94 33.0% 7.98 15.0%
北米 5.27 7.15 35.7% 7.33 2.5%
中国 3.38 4.98 47.3% 5.06 1.6%
日本 3.38 3.65 8.0% 4.22 15.6%
欧州 1.92 2.49 29.7% 3.68 47.8%
その他地域 2.08 1.66 -20.2% 2.05 23.5%
合計 31.82 38.44 20.8% 42.59 10.8%
※金額の単位は10億米ドル 出典:SEMI

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.