ニュース
» 2014年07月28日 10時30分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2014:電気二重層キャパシタ、50V標準モジュール製品を追加

岡谷電機産業は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、TOCキャパシタ製の電気二重層キャパシタを展示した。定格電圧が15Vの標準モジュール製品に加えて、同50Vの標準モジュール製品もサンプル出荷を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 岡谷電機産業は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、TOCキャパシタ製の電気二重層キャパシタを展示した。定格電圧が15Vの標準モジュール製品に加えて、同50Vの標準モジュール製品もサンプル出荷を始めた。

 TOCキャパシタは、岡谷電機産業とTPRが折半出資して2011年4月に設立された会社である。独自の電極材料と構造を採用することにより、「体積当たりの容量を他社製品に比べ2倍に高めることができた」(説明員)という。今回は「標準品セル」と、このセルを6個直列に接続した「15V標準モジュール製品」を展示した。さらに、開発中の「パワー品セル」と「50V標準モジュール製品」もパネルで紹介した。

tm_140728okaya01.jpg TOCキャパシタ製の電気二重層キャパシタ(左が15V標準モジュール製品、右が標準品セル)

 標準品セルの仕様は、静電容量が1000F±20%、蓄電エネルギーは0.86Whで、定格電圧は2.5V、定格電流は最大100A(1秒)、連続で50A、内部抵抗は最大5.0mΩである。開発中のパワー品セルは、静電容量が820F±20%、蓄電エネルギーは0.71Whである。定格電圧や定格電流は標準品セルと同じだが、内部抵抗は最大1.5mΩと小さくした。「内部抵抗を約1/3に下げたことで、充放電時の効率を高めることができる」(説明員)という。外形寸法は両製品とも90×110×10mmである。

 一方、15V標準モジュール製品の仕様(評価試験用)は、静電容量が167F±20%で、静電容量は5.2Wh、定格電圧は15V、定格電流は最大100A(1秒)、連続で50A、内部抵抗は最大80mΩである。外形寸法は80×110×160mm。ブースでは、15V標準モジュール製品を使ってLEDランプを点灯するデモも行った。

 開発中の50V標準モジュール製品の仕様(評価試験用)は、静電容量が50F±20%、蓄電エネルギーは17.4Whである。定格電圧は50V、定格電流は最大100A(1秒)、連続で50A、内部抵抗は200mΩとなる。これらの標準モジュールを複数台接続することで、定格電圧が100V以上の用途にも対応することができるという。

 これらの製品は、EV/HEVや産業機器のエネルギー回生装置、太陽光発電システムと組み合わせた街路灯向け蓄電装置、瞬低補償電源などの用途に向ける。


TECHNO-FRONTIER 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.