ニュース
» 2014年07月28日 13時00分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2014:90Wの電力供給と10Gbpsのデータ通信が可能なLTPoE++、リニアテクノロジーがデモ

リニアテクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、AC電源の代替電源として注目されているPoE(Power over Ethernet)のデモを行った。同社がデモをしたのはLTPoE++で、これは10ギガビット/秒(Gbps)のデータ通信と最大90Wの電力を給電できるものである。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 リニアテクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、PoE(Power over Ethernet)のデモを行った。PoEはイーサネット用ケーブルを用いてデータと一緒に電力も供給する技術で、AC電源の代替電源として普及が進んでいる。PoEでは高出力へのニーズがあり、それに応えて同社は「LTPoE++」を開発した。これにより、既存のPoEの規格であるPoE(IEEE 802.3af)とPoE+(IEEE 802.3at)では13W、25Wだった出力を、最大90Wまで引き上げることが可能になった。データ通信は10ギガビット/秒(Gbps)を実現している。LTPoE++はIEEE 802.3af/IEEE 802.3atと互換性があり、現在、標準規格化が進められている。

 リニアテクノロジーのデモでは、PoE向けPSE(給電装置)コントローラ「LTC4266」とPD(受電装置)コントローラ「LT4275」を用いた。これらはPoE/PoE+/LTPoE++のいずれにも対応している。過電圧/過電流が発生した場合、PSEコントローラとPDコントローラの両方でシャットダウンするので、安全性を確保できる。

mm140728_linear1.jpgmm140728_linear2.jpg 左=デモの全体図。イーサネットケーブルを介して供給している電力で、扇風機や監視カメラを駆動している。監視カメラで撮影した映像のデータは同じイーサネットケーブルでPCに送信され、ディスプレイに表示されている。右=PSEコントローラの基板とPDコントローラの基板を拡大したところ(クリックで拡大)

 リニアテクノロジーは、「これまでPoEの用途はIPカメラやセンサーネットワークなどに限られていたが、LTPoE++が登場したことで、小型サーバなどを駆動できるようになる。ただ、LTPoE++は、既存のPoEに比べるとまだ知られていない。日本でLTPoE++の認知度がもっと上がれば、さまざまなアプリケーションが出てくるのではないか」と述べる。LTPoE++は、欧州や中国、日本の通信装置メーカーでの採用が増えている他、新興国では、不安定な商用電源の代替電源としてLTPoE++を採用するケースもあるという。


TECHNO-FRONTIER 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.