ニュース
» 2014年07月28日 17時25分 UPDATE

医療機器ニュース:アルコンがGoogleから「スマートコンタクトレンズ」技術のライセンスを取得

ノバルティスのアイケア部門であるアルコンは、Googleからスマートレンズ技術のライセンスを取得する。アルコンとGoogleは、さまざまな目の症状に対応できる「スマートレンズ」の開発を目指す。

[MONOist]

 医薬品事業の大手であるノバルティスは2014年7月15日(スイス時間)、同社のアイケア部門であるアルコンが、Googleの「スマートコンタクトレンズ」技術のライセンスを取得することでGoogleと合意したと発表した。アルコンは、スマートコンタクトレンズの技術を自社の医療技術と組み合わせ、商品化する機会を得たことになる。

 今回の契約の下、Googleとアルコンは、さまざまな目の症状に対応できる「スマートレンズ」の開発を目指す。ノバルティスが焦点を当てる分野は以下の2つだ。

  1. 糖尿病患者の疾患管理を支援する。これは、スマートコンタクトレンズを用いて眼内の涙液測定データをモバイル機器にワイヤレス送信することで、身体への負担を最小限に抑えつつ、血糖値を常時測定できるようになる
  2. メガネなしでは文字が読めない老眼患者に対して、視力矯正調節機能を備えたスマートレンズをコンタクトレンズ、または屈折性白内障治療に用いる多焦点眼内レンズ(IOL)として利用することで、手元に自然に焦点を合わせる眼機能回復を支援する

 Googleは2014年1月、涙で血糖値を測るスマートコンタクトレンズを開発中だと発表している(関連記事)。2枚のソフトコンタクトレンズ用素材の間に、小型の無線チップとグルコースセンサーを組み込んだもので、1秒ごとに血糖値を計測できるという。

mm140728_alcon_google1.jpgmm140728_alcon_google2.jpg Googleの「スマートコンタクトレンズ」のイメージ図(クリックで拡大) 出典:Google

 アルコンは、米国テキサス州に本拠地を置く。世界75カ国で事業を展開し、180カ国の市場に製品を提供している。2013年度における売上高は約105億米ドル。同社は今後5年間で50億米ドルを研究開発に投資する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.