ニュース
» 2014年08月06日 12時30分 UPDATE

ビジネスニュース 事業買収:ウシオ電機が日本オクラロの産業・民生用レーザー/LED事業を買収

ウシオ電機は2014年8月6日、子会社のウシオオプトセミコンダクターが、米Oclaro(オクラロ)の子会社である日本オクラロの産業用、民生用レーザー/LED事業を買収すると発表した。

[EE Times Japan]

 ウシオ電機は2014年8月6日、子会社のウシオオプトセミコンダクターが、米Oclaro(オクラロ)の子会社である日本オクラロ(相模原市)と同年8月5日に吸収分割契約を締結し、日本オクラロのLED事業、赤色/紫色/赤外レーザーダイオード事業の一部を買収することで合意したと発表した。買収完了時期は、2014年10〜12月を予定している。

買収の主な対象は小諸事業所

 買収の対象となるのは主に日本オクラロの小諸事業所(長野県小諸市)で、従業員数は約80人としている。

 産業用光源メーカーであるウシオ電機は、各種ランプや固体光源の開発、製造、販売を手掛ける。今回の買収の目的は「固体光源事業のさらなる拡大」とし、日本オクラロの光通信用を除く産業用、民生用の半導体レーザー、LEDの開発、製造、販売に関する事業をウシオオプトセミコンダクターが承継することになった。

 買収についてウシオ電機社長の菅田史朗氏は、「産業界において、光を使ったプロセスや用途がますます重要になりつつある今、従来のランプのみならず、高品質なLED、レーザーダイオードなど多様な光源を提供することにより、多様なニーズに応えていきたい」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.