ニュース
» 2014年08月12日 17時50分 UPDATE

メモリ/ストレージ技術 NAND型フラッシュメモリ:DDR4対応の不揮発性メモリモジュール、AgigA Techがサンプル出荷開始

サイプレス セミコンダクタの子会社であるAgigA Techは、DRAMとNAND型フラッシュメモリの技術を組み合わせた不揮発性メモリモジュール「AGIGARAM DDR4 NVDIMM」を開発し、主要OEMや開発パートナーにサンプル品の出荷を始めた。

[EE Times Japan]

 サイプレス セミコンダクタの子会社であるAgigA Techは2014年8月、DRAMとNAND型フラッシュメモリの技術を組み合わせた不揮発性メモリモジュール「AGIGARAM DDR4 NVDIMM」を開発し、主要OEMや開発パートナーにサンプル品の出荷を始めた。次世代の標準DIMMソケットやインテルベースのサーバ技術基盤向けに設計されており、エンタープライズ用のストレージやサーバといった用途に向ける。

 AGIGARAMは、フラッシュメモリの特長である不揮発性に加えて、DRAMが有する低レイテンシーと耐久性を兼ね備えた製品である。システム側は実装されたAGIGARAMを、JEDEC 288端子レジスタードECC DIMMと認識して動作するという。システムの電源が停電するなど不具合が生じたりすると、DRAM上にあるデータを、一時的にAGIGARAM内に退避させる。システムの電源が復旧すると、AGIGARAMに退避させたデータをDRAMに復元させ、演算処理を継続して実行することができる。同社は、「DDR4に対応したNVDIMMのサンプル出荷は業界で初めて」と主張する。

tm_140812cypress01.jpg 「AGIGARAM DDR4 NVDIMM」の外観

 特に、AGIGARAMはインテルベースのサーバ技術基盤のDIMMスロットに、容易に統合できるよう設計されており、書き込みキャッシングやメタデータストレージなどの機能が最適化されているという。

 なお、DDR4はデータレートが2400Mビット/秒と高速で、DDR3に比べて性能は最低50%向上、動作電圧は20%低減することができる。さらに総消費電力を最大40%も削減することが可能である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.