ニュース
» 2014年08月22日 20時03分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:IRが2014年4〜6月期の決算を発表、買収合意で今後の業績見通しは発表せず

インターナショナル・レクティファイアー(IR)が、2014年度第4四半期(4〜6月期)の業績を発表した。売上高は前四半期比で10.5%増、前年同期比でも7.6%の増加となった。IRは、Infineon Technologiesによる買収を発表したばかりである。この取引を見込んで、今後の業績の見通しは発表していない。

[EE Times Japan]

 インターナショナル・レクティファイアー(IR)は2014年8月20日(米国時間)、2014年度第4四半期(4〜6月期)の業績を発表した。

 同四半期の売上高は2億9760万米ドルで、前四半期の2億6930米ドルに比べて10.5%増加した。また、前年同期の2億7650万米ドルと比べて7.6%の増加となった。GAAP(一般会計原則)に基づく純利益は1290万米ドル、完全に希薄化後の1株当たりの利益は0.18米ドルだった。

 また、2014年度(2014年6月29日締め)の売上高は11億660万米ドルで、前年度比で13.3%増加。純利益は5870万米ドル、完全に希薄化後の1株当たりの利益は0.81米ドルとなった。2013年度(2013年6月30日締め)の純損失は8880万米ドル、完全に希薄化後の1株当たりの損失は1.28米ドルだった。

 IRは同日、Infineon TechnologiesがIRを現金約30億米ドルで買収することに合意し、正式に契約を締結したと発表している(関連記事:インフィニオン、IRを30億ドルで買収)。買収は2014年末、または2015年初めに完了する予定で、IRはこの取引を見込み、今後の四半期の業務見通しは発表しない。株式買い戻し計画も中止しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.