トップ10
» 2014年09月08日 11時50分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:この時期はやはり気になる、新型「iPhone」

EE Times Japanで先週(2014年8月30日〜9月5日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「ルネサス 作田CEOがM&Aを示唆――相次ぐ競合の買収ニュースに「心中穏やかではない」」、2位は「Apple、大型iPad投入へ――ノートPCを置き換えるか!?」、3位は「iPhoneをしのぐ勢い? 中国スマホをめぐる4つのトレンド」がランクインしました。

 今回のランキングには、間もなく新機種が発表される「iPhone」関連の話題が多く上りました。毎年9月に発表される新型iPhone。ディスプレイのサイズをはじめ、既に多くの臆測が飛び交っています。iPhone関連の記事は「iPhoneのすべて」にまとめてあります。「iPhone 5sのプロセッサ「A7」を解析」「Appleのプロセッサ「Aシリーズ」の系譜」など、ぜひご覧ください。

 4位のサムスン電子の量子ドットディスプレイにも、関心が集まりました。量子ドットは半導体原子が数百〜数千個集まったもので、数十年前から研究されてきました。ソニーは、量子ドットを使ったバックライトを搭載した液晶テレビを2013年に発売しています。量子ドットはディスプレイだけでなく、太陽電池にとっても魅力的な材料になっています。詳しくは「太陽光を無駄なく使う、201X年の技術」「変換効率60%を目指す太陽電池に向け、産総研が量子ドットを50層積層」をお読みください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.