ニュース
» 2014年10月07日 12時00分 UPDATE

CEATEC 2014:普通のメガネと変わらない装着感――東芝グラス

CEATECの東芝ブースでは、メガネ型ウェアラブル端末「東芝グラス」を参考出展。小型軽量で「普通のメガネと変わらない装着感」をアピールする次世代スマートグラスだ。

[西坂真人,EE Times Japan]

 2014年10月7日に開幕したCEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)の東芝ブースでは、メガネ型ウェアラブル端末「東芝グラス」を参考出展していた。実視界に映像を重ねることができるAR機能を搭載するスマートグラスだ。

photo

 「メガネとしての外観や装着感を追求した」(同社)という東芝グラスは、普通のメガネとほとんど変わらないスタイルを作り出している。メガネの右側、弦の部分が少しだけ大きくなっているがこの部分に超小型のプロジェクタを内蔵。視線の先に映像を表示できるため視認性に優れる他、投影機構が小さいため、視界を邪魔しないでウェアラブルディスプレイ機能を利用することが可能だ。

photo

 大きさが普通のメガネと変わらないだけでなく重さも42グラムと小型軽量に設計されているので、長時間使用していてもストレスが少ないなどのメリットがあるという。

 着脱可能なので普段使っているメガネの上から装着できる他、折りたたみもできるので持ち運びも簡単だ。

photo

 同社では東芝グラスの使い方として、トンネル・プラント・通信基地局などの新設工事/保守点検や、医療/病院/介護/倉庫/配達/店舗サービスといったBtoBでの利用をメインに考えている他、美術館/博物館/劇場/スタジアムでの利用、日常生活・ヘルスケア・スポーツ(ゴルフ/スキー/登山など)などでの利用シーンを想定しているという。「小型軽量で普通のメガネと変わらない装着感なので、さまざまなシチュエーションで活躍できる可能性を秘めている」(同社)。

 ブース内では東芝グラスの体験コーナーを設置。近未来のウェアラブル端末を実際に体験できる。体験コーナーの実機は映像を送り出す機器とメガネとが有線で接続されておりケーブル経由で電力も供給されていたが、製品化の際には用途に応じて無線での接続やバッテリー搭載も検討していくという。

photo

 「製品リリース時期は未定だが、2015年内での実用化を目指して開発を進めている。価格は未定」(同社)。

photo

CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)

CEATEC JAPAN 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

▼毎日更新 求人数 

現在募集中の大手メーカー求人

提案営業、営業技術(セントラル商品中心)

京セラ New!

車載用カメラモジュール開発業務(電気回路設計)

機構設計<車載用・蓄電用リチウム電池モジュールなどの商品開発/AIS>

品質管理<大型圧縮機>

回路設計<パワーエレクトロニクス製品の企画・開発>※即戦力採用

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.