ニュース
» 2014年10月07日 20時55分 UPDATE

CEATEC 2014:透明プレートとLEDで3D画像を空間投影――オムロン

オムロンは、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、透明なプレートを用いて3次元(3D)静止画像を空間投影する技術をデモ展示した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 オムロンは、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、透明なプレートを用いて3次元(3D)静止画像を空間投影する技術をデモ展示した。3D案内図や空中サイネージ、AR(拡張現実)ショーウィンドウなどへの応用を提案する。

 オムロンが開発した空間投影技術は、同社が液晶ディスプレイ向けバックライトモジュールで長年培ってきた光指向性設計技術と微細加工技術をベースに開発した。透明なプレートやシートに微細なパターンを形成する。パターンニングされたプレートまたはシートに、エッジ部分からLED光を入射し、その光をプレートやシートの前面に出射させることで、映像を映し出す構造となっている。

tm_141007omron01.jpgtm_141007omron02.jpg 空間投影技術を用いたARショーウィンドウ(左)と空中サイネージ(右)の表示例 (クリックで拡大)

 微細なパターンニング設計とその加工技術が同社のノウハウである。光の指向性を最適に制御することで、人間が両眼で見たときに、奥行きのある3D画像が空間に投影されているように表示することができる。プレートやシート本体は透明で目立たず、薄くて軽いため、実空間の物体と重ね合わせて表示したり、シートを複数枚重ね合わせて同時表示することで複雑な映像表現を行ったりすることも可能である。曲げたり透明ガラスに張り付けたりすることもできる。

 同社の説明員によれば、「デモ展示したパネルサイズは10cm角だが、原理的にはもっと大きなプレートあるいはシートにパターンニングすることも可能だ。表示する映像は顧客の用途によって異なるため、パターンニング設計は顧客ごとの対応となる。事業化については今のところ未定」と話した。

CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)

CEATEC JAPAN 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.