トップ10
» 2014年10月27日 11時39分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:根強いうわさが現実に、IBMの工場譲渡

EE Times Japanで先週(2014年10月18〜24日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「半導体業界は本当に低迷している? ――アナリストの見解とは」、2位は「TSMCが設備投資額を100億ドルに拡大、16nm FinFET量産準備で」、3位は「AMD、全従業員の7%を一時解雇へ」がランクインしました。

 今回は、ビジネスニュース(特に企業動向)が多く読まれました。AMDの人員削減計画、HPの分社化、IBMの製造工場譲渡など、大きなニュースが10月上旬から相次いで発表されたからです。

 特にIBMは、“お金を相手側に支払って”譲渡するという、極めて珍しいケースでした。IBMが工場を手放すといううわさは、以前からささやかれていました。その相手先としてGLOBALFOUNDRIESの名前が挙がっていたほどです。「岐路に立つIBMの半導体事業 〜従業員はどう捉えているのか〜」をお読みいただければ、背景が分かるかと思います。半導体技術の発展に大きく寄与してきたIBMの今後が注目されています。「FinFET以降の半導体製造技術はどう進む? IBMの見解」「原子が“主演”の映画、IBMが製作」「12個の原子で磁気メモリを構成、HDDの記録密度が100倍に高まる可能性も」も、オススメです。

 7位は、新素材としておなじみのカーボンナノチューブを使ったアクチュエータを、点字に応用するというものです。発表した産業技術総合研究所によれば、特に目新しい発表というわけではなく、技術としても意外と成熟しつつあるそうで、あとはとにかく応用先を考えるだけとのことでした。要素技術がなくてはモノは作れませんが、作るモノがなくてはせっかくの要素技術を生かせない……ということで、さまざまな用途が生まれることを期待したいと思います。カーボンナノチューブの記事としては、「カーボンナノチューブ素子のICチップ、“せっけん”と“トレンチ”で実用へ前進」「カーボンナノチューブを使った「NRAM」の基本動作を実証」「カーボンナノチューブの取り扱いマニュアルが完成、NEDOなどがWebサイトで公開」なども、ぜひお読みください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.