特集
» 2014年10月30日 16時45分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:テレビ放送の改革となるのか、「ATSC 3.0」にまつわる10の事項(前編) (1/2)

テレビ番組の視聴方法が変わりつつある今、米国では、デジタルテレビ放送規格「ATSC」の次世代バージョン「ATSC 3.0」への取り組みが進んでいる。どのような議論が交わされ、どのような実証実験がなされているのか、ATSC 3.0の最新事情を紹介する。

[Junko Yoshida,EE Times]

 米国の消費者は今や、モバイル機器でストリーミングビデオを視聴することに慣れ親しみ、満足するようになったが、その一方でケーブルテレビや衛星テレビなどもこれまで通り利用している。そこで地上波放送局各社は、誕生から約20年を迎えるデジタル放送システムについて再定義すべく、今後の生き残りを懸けた取り組みを進めている。

 放送局各社は現在、将来を見通せずにさまよっているような状態にある。しかし今後、モバイルブロードバンドに対して敵対するつもりはなく、友好な関係を構築できることを実証してきたい考えだ。

 そして今回、新しい規格「ATSC(Advanced Television Systems Committee) 3.0」を打ち出すという大きな賭けに出た。ただし、今のところは、まだ策定に向けた作業中の段階にある。

マディソンでの実証実験

 米国ウィスコンシン州マディソンのテレビ局WKOW-TVは、2014年10月22日午前1時、デジタルテレビ信号を短い時間遮断して、4Kテレビ信号とHD信号(720p)、SD信号(480p)を同時に伝送するという試験を行った。現場には、業界の専門家による視聴団体や、現地の放送技術者の他、EE Timesを含む報道関係の記者数名が立ち会った。

 今回の試験では、ユニバーサル地上放送システム「Futurecast」が採用された。このFuturecastは、LG Electronicsと、Zenith(LG Electronicsの研究開発部門である米国子会社)、GatesAir(Harris BroadcastのRF部門から分離独立)が共同開発したシステムだ。

 現在、ATSC 3.0の物理層技術として10種類のシステムが候補に挙がっていて、検討が進められている。Futurecastも、その中の1つである。業界団体によると、もし他の競合する物理層技術が評価され、“候補規格”として採用された場合には、2015年末までに新たな“提案規格”を策定することになるだろうという。

 Zenithの研究開発施設でバイスプレジデントを務めるWayne Luplow氏は、「Futurecastは現在のところ、実世界の試験において成功を収めることができた唯一のATSC 3.0向け物理層規格対応システムである。他のシステムは、まだ机上の空論の段階にある」と述べている。Futurecast開発チームは2014年8月に、マディソンの中心街から80km以上離れた地域において、1回目のフィールド試験を行った。その際は約5万件のデータを収集したという。

 Luplow氏は、「今回のフィールド試験に関しては、単にうまく対処できればそれでよいとは考えていない。開発チームとしては、ATSCのプロセスを支持していきたいと考えている」と述べている。

 深夜に行われた今回のFuturecastの試験がいかに重要であるかを理解するには、その内容や新しいATSC 3.0について、もう少し知っておく必要がある。

 そもそも、なぜ今、テレビ放送なのだろうか。まずは、ATSC 3.0について詳しくみていきたい。

mm141030_tv1.png Zenith R&D Labのバイスプレジデントを務めるWayne Luplow氏
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.