ニュース
» 2014年11月05日 16時15分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:フリースケール日本法人社長にケンリック・ミラー氏

フリースケール・セミコンダクタ(Freescale Semiconductor)は2014年11月5日、日本法人であるフリースケール・セミコンダクタ・ジャパンの新社長にKenric P. Miller(ケンリック・ミラー)氏を任命したと発表した。

[EE Times Japan]

 フリースケール・セミコンダクタ(Freescale Semiconductor)は2014年11月5日、日本法人であるフリースケール・セミコンダクタ・ジャパンの新社長にKenric P. Miller(ケンリック・ミラー)氏を任命したと発表した。前社長のDavid M. Uze(ディビッド M.ユーゼ)氏は2014年10月31日付で全ての役職から退任した。


直近は、北米で車載セールスを担当

tt141105FFFF0001.jpg ケンリック・ミラー氏

 新社長のミラー氏は、1989年に同社の前身であるモトローラに入社後、ヒューレット・パッカードのグローバル・アカウント・マネジメントなど、20年以上にわたって多様なビジネスにおけるセールス・マネジメント業務に従事。直近では北米地域における車載ビジネスのセールス・ダイレクタを務めていた。同氏は、日本法人社長とともに、米国本社の副社長を兼務する。

 ミラー氏は、「フリースケール・ジャパンのリーダーに選ばれたことに喜びを感じている。私は、長年にわたる日本チームとのビジネスの経験から、より良い将来のビジネスを構築できると考えている」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.