ニュース
» 2014年11月17日 10時41分 UPDATE

ビジネスニュース:組み込み機器向けの新規格「I3C」を発表 (1/2)

MIPI(Mobile Industry Processor Interface)アライアンスは、モバイルアプリケーションプロセッサ向けに、I2Cの拡張版である「I3C」を発表した。スマートフォンなどにさまざまなセンサーが搭載されるようになり、I2CやSPIだけでは対応しきれなくなっているためだ。

[R Colin Johnson,EE Times]

 モバイルアプリケーションプロセッサのインタフェースの標準規格を策定・推進する非営利団体である「MIPI(Mobile Industry Processor Interface)アライアンス」は、2014年11月5〜7日に米国アリゾナ州スコッツデールで開催された「MEMS Executive Congress 2014」で、「Inter-Integrated Circuit(I2C or I2C)」インタフェースの拡張版である「I3C」を発表した。

 MIPIアライアンスのセンサーワーキンググループでチェアマンを務めるKen Foust氏は、「I3Cは、2線式インタフェースであるI2Cに、携帯電話向けの高速データ通信技術である『HDR(High Data Rate)』を付加した上位セット機能である。HDRは、SPI(Serial Peripheral Interface)と同等の機能を有する。従来型のI2Cセンサーは、I3Cバスに接続可能である。ただし、I3Cの機能セットをフル活用するには、センサーとホストコントローラのハードウェアを両方とも変更する必要がある」と説明した。

 I3Cは、モバイルアプリケーション向けとしてだけでなく、あらゆる組み込みシステム向けに設計された規格で、高速通信と電力の効率利用を実現する。なお、モバイルアプリケーションに利用する場合は、「SenseWire」という名称を使うという。同規格は、さまざまな種類のデバイスに搭載されている多彩なセンサーに適合する。搭載されているセンサーの種類は、現在発売されているスマートフォンだけでも十数種類に上り、I2CやSPI規格では対応できなくなってきている。Foust氏のセンサーワーキンググループは、業界内のインタフェースをさまざまな種類のセンサーに対応する1つの規格に統一することを目的に、I3Cを開発した。同ワーキンググループは、MIPIアライアンスのメンバー企業から情報の提供を受けてI3Cを開発している。MIPIアライアンスには、携帯電話機やタブレット端末、ノートPCメーカー、それらのOEM企業、半導体企業、アプリケーションプロセッサやソフトウェアの開発企業、IPツールプロバイダ、テストツール/テスト機器の開発企業などが加盟している。

mm141117_mipi.png MEMSセンサーなど向けの新しい規格「I3C」は、MIPIアライアンスによって策定されている、制御/データ向けの6つの規格の1つである 出典:MIPIアライアンス
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.