ニュース
» 2014年11月20日 15時05分 UPDATE

ET 2014:モジュールでTELEC技適認証を取得、TIのWi-Fiネットワークプロセッサ (1/2)

日本テキサス・インスツルメンツは「組込み総合技術展/Embedded Technology 2014」(2014年11月19〜21日)で、セキュリティカメラモジュールと組み合わせたWi-Fiネットワークプロセッサのデモ展示などを行った。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2014年11月19〜21日に横浜・パシフィコ横浜で開催されている展示会「組込み総合技術展/Embedded Technology 2014」(以下、ET 2014)で、産業/システム用途に向けたプロセッサやマイクロコントローラ、各種センサーなどを展示した。また、小ロットの製品購入がウェブ上で行えるオンラインストア「TI store」なども紹介した。これまでに比べて顧客向けサービス内容を充実するとともに、使い勝手も改善した。

産業システム向け強化

 TIは、産業システム向け半導体事業に対する取り組みを強化している。例えば、アナログICと組み込みプロセッシング製品を中心に、エネルギー効率が高く新たな機能を実現できる半導体製品と、開発期間短縮につながるリファレンスデザインの提供、技術サポートのさらなる強化を行っていく方針である。

 ブースでもその一端を紹介した。Wi-Fiネットワークプロセッサ(SimpleLink Wi-Fiファミリ)で、プロセッサ外付けタイプの「CC3100」および、ARM Cortex-M4コアを統合した「CC3200」を用いたデモシステムでは、セキュリティカメラで撮影された映像を、Wi-Fiでスマートフォンに転送し、リアルタイムで画面に表示させたり、ファンや照明器具をワイヤレスで制御したりする展示を行った。既設のWi-Fiアクセスポイントを活用して、容易にネットワークを構築することができる。アクセスポイントとWi-Fi機能を搭載した端末の接続設定もスマートフォンから容易に行うことができるという。

tm_141120tij01.jpg Wi-Fiネットワークプロセッサ(SimpleLink Wi-Fiファミリ)搭載ボードとセキュリティカメラを接続して、スマートフォンに映像を転送するデモなどを行った
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.