ニュース
» 2014年11月21日 10時25分 UPDATE

ET 2014:MAX 10 FPGAでマイコンの置き換えなどを提案――アルテラ (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

MAX 10 FPGAを用いた開発プラットフォームを一挙紹介

 ブースでは、パートナー企業がMAX 10 FPGAを用いた開発プラットフォームの提案を行った。組み込みシステムの機能拡張やコストダウンなどに有効となる。「レガシーなマイコンを置き換えたり、複数のICで実現している機能を1チップに統合したり、生産中止などでICの入手が困難であったりする時などに、FPGAへの移行を提案している」(説明員)という。具体的に、近藤電子工業は、MAX 10 FPGAを実装した小型組み込みプラットフォーム「MAX 10 SoM」を展示し、既存のマイコンを使ったシステムと同等の機能を実現することが可能であることを実演した。また、エヌ・ディ・アールは、バーチャルASSP開発プラットフォームを提案した。この製品は生産中止などで入手困難になったICの機能をMAX 10 FPGAで実現し、同時にその周辺回路/機能も取り込むことで、部品点数の削減などを実現することができる。

tm_141120altera02.jpgtm_141120altera03.jpg パートナー企業がMAX 10 FPGAを用いた開発プラットフォームの提案。左が近藤電子工業の「MAX 10 SoM」、右はエヌ・ディ・アールのバーチャルASSP開発プラットフォーム (クリックで拡大)

 なお、アルテラは今回のテーマを「全てのエンジニアのためのプログラマブル・ソリューション」とした。その一環として、「Road to FPGA」ゾーンでは、FPGA体験コーナーを設置した。来場者はFPGA開発ソフトウェア「Quartus II」を使って、MAX 10 FPGA設計を体験した。さらに、「マイコンからFPGAに置き換えるにはどうしたらいいのか」「設計中の回路をFPGAで実現できるか」といった質問にも答えていた。

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.