ニュース
» 2014年12月01日 17時00分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:富士通セミコン、自社工場のファウンドリ専業化を完了

富士通セミコンダクターは2014年12月1日、三重工場と会津地区工場を複数のファウンドリ専業会社として分社し、それぞれ事業を開始したと発表した。

[EE Times Japan]

 富士通セミコンダクターは2014年12月1日、三重工場と会津地区工場を複数のファウンドリ専業会社として分社し、それぞれ事業を開始したと発表した。

 分社したのは、300mmウエハー対応製造ラインを持つ三重工場の運営を主体とする「三重富士通セミコンダクター」(本社=横浜市)と、会津地区200mmウエハー対応製造ラインを運営する「会津富士通セミコンダクターマニュファクチャリング」(本社=福島県会津若松市)、会津地区150mmウエハー対応製造ラインを運営する「会津富士通セミコンダクターウェハーソリューション」(同)と、会津地区2社を統括する「会津富士通セミコンダクター」(同)の計4社。

 三重富士通セミコンダクターには、2015年3月末までに台湾のファウンドリ会社UMCが50億円出資し、少数株主(株式比率約9.3%)として運営に参画する予定となっている(関連記事)。また会津地区200mmウエハー対応製造ラインを運営する会津富士通セミコンダクターマニュファクチャリングについても2015年3月末までに、オン・セミコンダクターが資本比率10%に相当する7億円を出資する予定(関連記事)となっている。

 なお、富士通セミコンダクターは2014年中に、システムLSI事業をパナソニックの同事業と統合し、ファブレス新会社を日本政策投資銀行からの出資を得て設立する予定だ(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.