ニュース
» 2014年12月02日 11時28分 UPDATE

ビジネスニュース M&A:サイプレスとスパンションが経営統合で合意

サイプレス セミコンダクタとスパンションが経営統合することで合意したと発表した。

[EE Times Japan]

 Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)とSpansion(スパンション)は2014年12月1日(米国時間)、両社が経営統合することで合意したと発表した。

 統合は株式交換を用いて行われ、Spansionの株主は1株当たり2.457株のCypress株を受け取る。取引は、両社の株主の他、米国、ドイツ、中国の規制当局の承認を経て、2015年前半に完了するとしている。

 統合後は、20億米ドル以上の年間売上高を見込み、NOR型フラッシュメモリおよびSRAMでの世界シェアが首位になるとしている。

 取締役会はCypressの4人、Spansionの4人の計8人で構成される。Cypressの現CEOで創設者でもあるT.J. Rodgers氏がCEOに、SpansionのRay Bingham氏が非常勤取締役に就任する。

 Rodgers氏はプレスリリースの中で、「統合後は、組み込みMCUとメモリのリーディングサプライヤとなる。両社の各事業分野を垂直統合することで、1株利益(EPS)を拡大する絶好の機会となるだろう」とコメントしている。

 続報「CypressとSpansion統合――Cypressの名が残り、マイコンはシェア9位か」は、こちらから。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.