ニュース
» 2014年12月04日 11時05分 UPDATE

無線通信技術:最新規格「Bluetooth 4.2」発表、セキュリティと転送速度が向上

Bluetooth SIGは、Bluetoothの最新仕様となる「Bluetooth 4.2」を発表した。プライバシー保護の強化、転送速度の高速化を実現している他、インターネットに直接、接続できるようになる。

[EE Times Japan]

 Bluetooth SIGは2014年12月3日(米国時間)、Bluetoothの最新仕様として「Bluetooth 4.2」を策定したと発表した。主なアップデートとしては、プライバシー保護の強化、転送速度の高速化の他、IPv6および6LoWPANを介してインターネットに直接、接続できるようになる。

プライバシー保護の強化

 Bluetooth 4.2では、政府機関に要求される高いレベルのセキュリティ基準(Federal Information Processing Standard:連邦情報処理規格)に対応するプライバシー保護を実現している。これにより、Bluetoothに接続されている機器の不正なトラッキングを防ぎ、プライバシーの制御をユーザー自身で管理できるようになるという。例えば、ビーコンを利用している店舗で買い物をする際、ビーコンからの通知をあらかじめ機器側が許可しない限り、トラッキングされることはない。

転送速度の向上

 Bluetooth 4.2では、Bluetooth Smart(低消費電力に対応したBluetooth Low Energyのブランド名)に対応した機器とのデータ転送速度と信頼性を向上している。Bluetooth 4.1に比べてパケットの容量を10倍に増やしたことで、機器のデータ転送速度が最大2.5倍に向上するという。これにより、送信エラーの発生頻度も減るので、より効率の高い接続性を実現できる。

インターネット接続

 Bluetooth Smartの各種センサーをIPv6および6LoWPANを介してインターネットに直接、接続できるようになる。これにより、スマートホームなどにおいて、Bluetoothのネットワークを、より構築しやすくなるという。インターネット接続のプロファイルについては、2014年末までに策定される予定だ。


Bluetooth Smartのロゴ Bluetooth Smartのロゴ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.