ニュース
» 2014年12月04日 17時10分 UPDATE

SEMICON Japan 2014:椅子に座るだけで健康状態が分かる、シャープの「健康コクピット」

シャープは、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日)に併設された特別展「World of IoT」に、椅子に座るだけで『リラックス度』などの状態を測定し、表示できる椅子型健康管理機器「健康コクピット」を参考展示した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 シャープは、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日、東京ビッグサイト)に併設された特別展「World of IoT」に、椅子に座るだけで『リラックス度』などの状態を測定し、表示できる椅子型健康管理機器「健康コクピット」を参考展示した。

 健康コクピットは、座った状態で性別や年齢、身長などの個人データを入力したあと、体重や血圧、脈圧の測定を行う。測定した健康情報はディスプレイに表示される。また、健康情報を独自のアルゴリズムを用いて処理し、リラックス/ストレス度(わくわく、ゆったり、イライラ、しょんぼり)を、分かりやすくモニターに表示させる実演も行った。

tm_141204sharp01.jpg 健康コクピットは、右手の指で脈圧、左腕で血圧を測定することができる。目の前のディスプレイには、健康情報としてリラックス度なども表示される。試作機には個人認証を行うための近距離無線通信技術「NFC」モジュールも組み込まれている

 「健康コクピットは、2015年の商品化に向けて開発中の製品である。測定結果をデータベース化し、クラウドサービスを活用すれば、医師やカウンセラーとの双方向コミュニケーションによるヘルスケアサービスが可能となる」(説明員)と話す。同社によれば、企業やフィットネスクラブ、介護/ケア施設など設置場所に応じて測定項目を追加/変更するなど、機能をカスタマイズすることも可能であるという。さらに、「一般の人が手軽に健康状態を確認できるよう、ドラッグストアやショッピングモールなどへの設置も提案していく」(説明員)考えである。

関連キーワード

健康 | シャープ | 血圧 | クラウド | フィットネス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.