トップ10
» 2014年12月25日 07時00分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:ウェアラブルの主役は、まだ続く

EE Times Japanで先週(2014年12月13〜19日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「下剋上が始まる? スマホ世界シェア」、2位は「2014年の半導体業界再編を振り返る」、3位は「やがては飽きる? ウェアラブル機器」がランクインしました。

 今週の1位、2位は、2014年の半導体業界におけるM&Aと、スマートフォンのシェアを振り返る、クイズ形式の記事でした。挑戦してくださった皆さん、全問正解しましたか?(まだトライしていない皆さまは、ぜひ今から試してみてください!)ちなみに3問目として「エレクトロニクス業界をけん引するIoT」もあります。

 さて、2014年のエレクトロニクス業界のキーワードといえば、ウェアラブル機器です。Appleもついに「Apple Watch」でウェアラブル機器市場に参入しました(そういえば製品名は、うわさされていた「iWatch」ではありませんでしたね)。ウェアラブル機器は玉石混交の世界で、懐疑的な声も聞かれます。「開発メーカーに聞きたい、なぜ“ウェアラブル”なのか? 」「電池もウェアラブルな時代に? SELが曲がるバッテリを披露」もぜひお読みください。読者の皆さまは「これは欲しい!」と思うものがあったでしょうか。2015年1月には、世界最大級の家電ショー「2015 International CES」の開催が控えています。おそらくここでも、ウェアラブル機器は主役になるでしょう。随時、リポートを公開していきたいと思っています。

 9位は、ルネサス エレクトロニクスのMakers向けイベントリポートです。ルネサスは、同社のマイコンの認知度向上などを狙い、Makersのサポートに力を入れています。「ルネサス、誰でもモーター制御できる仕組みを公開へ」など、面白い取り組みもあります。3Dプリンタの盛り上がりもあり、会社の事業部単位ではなく、個人単位でアイデアを形にしていく、そしてビジネスにつなげていく仕組みが、今まで以上に注目を浴びそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.