ニュース
» 2014年12月25日 18時30分 UPDATE

業界動向:2014年半導体メーカー売上高ランキング

米国の調査会社IHSは2014年12月、2014年の半導体メーカー別売上高ランキング(予測)を発表した。

[EE Times Japan]

メディアテック、台湾勢初のトップ10

 米国の調査会社IHSは2014年12月、2014年年間の半導体メーカー別売上高ランキング(予測/米ドルベース)を発表した。トップ10を見ると、1〜9位までは2013年のランキングと同じ結果となったが、10位に台湾・MediaTekが入り、「台湾勢として初のトップ10入り」(IHS)となった。

【2015年の半導体メーカー売上高ランキングはこちら】

 IHSによると、2014年の世界半導体市場規模は、3532億米ドルとなると予想。2013年に比べて9.4%の大幅に市場規模が拡大するとしている。特に好調だったのが、DRAMとフラッシュメモリで、両メモリ合算の売り上げ規模は前年比約20%増になるという。

tt141226SEMICONRANK001.jpg 四半期ごとのメモリ/非メモリ別市場規模成長率の推移 (クリックで拡大) 出典:IHS

上位9社は変動なし

 好調だった2014年の世界半導体市場でのメーカー別シェア(予測)を見ると、シェア上位9社に変動はなかったが、Samsung Electronics(2位)、Micron Technology(4位)、SK Hynix(5位)とDRAMを手掛ける3社と、Qualcomm(3位)が前年比2桁成長を記録している。

tt141226SEMICONRANK002.jpg 2014年の半導体メーカー別年間売上高ランキング(予測/単位は百万米ドル) (クリックで拡大) 出典:IHS

ルネサスは10位から11位へ後退

 日本勢で唯一、トップ10入りした東芝だが、成長率は前年比9.6%減とマイナス。2013年10位だったルネサス エレクトロニクスも前年比13.3%減で11位に順位を下げた。ソニーは、前年比1.5%増とプラス成長だったが、順位は前年の16位から18位に下げた。

 ルネサスに代わって、トップ10入りしたのがMediaTekで、前年比57.5%という大幅な売り上げ成長を遂げ、前年15位から大きく躍進した。2014年にLSI社を買収したAvago Technologiesも前年23位から15位へと順位を上げた。

 なお、既にInternational Rectifier(IR)の買収を決めているInfineon Technologiesは13位だったが、IRの売上高と合算した場合の売上高は「10位に相当する」(IHS)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.