ニュース
» 2015年01月07日 11時00分 UPDATE

有線通信技術 superMHL:8K対応の次世代MHL規格「superMHL」を発表――リバーシブルの新コネクタも

MHLコンソーシアムは2015年1月、MHLの次世代規格となる「superMHL」の仕様を発表した。

[EE Times Japan]

 モバイル機器のビデオ・オーディオ向け有線接続規格「MHL」を推進するMHLコンソーシアムは2015年1月6日(米国時間)、MHLの次世代規格となる「superMHL」の仕様を発表した。新たに最大8K 120フレーム/秒の映像伝送や、最大40Wの充電機能に対応した。

 MHLは、Android搭載タブレット端末/スマートフォンを中心としたモバイル機器のビデオ・オーディオインタフェースとして採用される規格。同コンソーシアムによると、MHL対応機器は既に7億5000万台以上が市販されているという。

MHL1/2/3仕様と後方互換

superMHLのロゴ superMHLのロゴ

 仕様を発表したsuperMHLは、従来のMHL1/2/3仕様との後方互換性を備える最新仕様で、従来のMHL3では4K 30フレーム/秒までだった解像度・フレームレート対応を、8K 120フレーム/秒にまで拡張し、本格的な8K対応を実現。色深度も最大48ビットまでサポートする。対応オーディオも、Dolby Atmos、DTS-UHD、3Dオーディオ、オーディオオンリーモードなどをサポートするなど強化した。コンテンツ保護規格は、MHL3同様、HDCP 2.2をサポートしている。

 給電機能は、USB Type-C仕様向けMHL Alt Modeモードに新たに対応。MHL3では最大10Wだった充電能力を40Wまで高めている。

新たなコネクタ

 同コンソーシアムは、superMHLの仕様発表と同時に、新たなコネクタとしてプラグの向きやケーブルの方向を気にする必要がないリバーシブル設計のsuperMHLコネクタを発表。superMHLがサポートするコネクタは、superMHLコネクタの他、USB Type-C、MicroUSB、HDMI Type Aなどとなっている。

superMHLコネクタ superMHLコネクタ

 なお、superMHL仕様は2015年1月末から同コンソーシアムWebサイトからダウンロードできるようになる。

superMHLと従来のMHLとの比較
機能 superMHL MHL 3 MHL 2 MHL 1
最大解像度 8K 120fps 4K 30fps 1080p 60fps 1080p 60fps
High Dynamic Range
BT.2020/Deep Color(10,12,16ビット)
8チャンネルオーディオ
Blu-rayオーディオ
(Dolby TrueHD,DTS-HD)
Dolby Atmos,DTS-UHD
3D Audio,Audio Only Mode
MHL Control(RCP)-Single Remote
給電能力 40W 10W 7.5W 2.5W
コンテンツ保護 HDCP 2.2 HDCP 2.2 HDCP 1.4 HDCP 1.4
マルチディスプレイ 最大8ディスプレイ 最大4ディスプレイ

関連キーワード

オーディオ | HDCP | 新規格 | Dolby Atmos | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.