ニュース
» 2015年01月07日 17時45分 UPDATE

メモリ/ストレージ技術:16×20mmサイズ、256GB容量のPCIe対応SSD

東芝は2015年1月6〜9日(米国時間)で開催されている「2015 International CES」(米ラスベガス/以下、2015 CES)で、PCI Express(PCIe)インタフェース搭載のSingle Package SSD「BGシリーズ」を参考展示した。

[EE Times Japan]

 東芝は2015年1月6〜9日(米国時間)で開催されている「2015 International CES」(米ラスベガス/以下、2015 CES)で、PCI Express(PCIe)インタフェース搭載のSingle Package SSD「BGシリーズ」を参考展示した。東芝では、「世界初のPCIe Single Package SSD」としている。

 参考展示したBGシリーズは、容量256Gバイトのメモリチップを16×20×1.65mmのサイズのBGAパッケージに実装したもの。物理インタフェースとして、PCIe Base Specification Revision 3.0、コマンドインタフェースはSSDに最適化されたNVM Expressに対応した。重さは2.5型ケースタイプSSDに比べ「約98%軽い、1g以下」(東芝)としている。

tt150107TOSHIBASSD001.jpg 16×20×1.65mmサイズのBGAパッケージ形状のSSD「BGシリーズ」(左)と挿抜可能なモジュールタイプSSD

 256Gバイト品以外にも、16×20×1.4mmのサイズの128Gバイト品も展示した。さらに東芝では、このBGシリーズを基板実装し、挿抜可能なモジュールタイプのSSDも2015 CESに参考展示し、「世界最小の挿抜可能なモジュールタイプのSSD」と主張している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.