特集
» 2015年01月08日 11時00分 UPDATE

2015 CES:Bluetooth対応機器が花盛り、CESで見た注目製品 (1/3)

ラスベガスで開催中の「2015 International CES」では、数多くのBluetooth対応機器が展示されている。その中のいくつかを紹介しよう。

[Jessica Lipsky,EE Times]

 「2015 International CES」(2015年1月6〜9日、米国ラスベガス)では、さまざまなBluetooth対応機器が展示されている。キャッチフレーズ「The Sky’s the Limit(可能性は無限である)」を十分に思わせる製品/開発品が並ぶ。ウェアラブルなフィットネス機器が注目を集めた一方で、いくつかの医療用機器も話題となっている。

禁煙を促す? 電子ライター

 喫煙をモニタリングする電子ライター「Quitbit」は、コイルでタバコに火を付ける度に時間や本数を記録する。ユーザーが煙草の本数を減らし、少しずつ禁煙できるよう促すことを目的としている。

 Quitbitは一度の充電で1週間持続して使用することができる(1日約20回点火することを前提とする)。Quitbitのアプリは、点火した回数でタバコ代を計算する。

 Quitbitの価格は99米ドル。現在予約受け付け中で、2015年5月から出荷される予定だ。

photo 電子ライター「Quitbit」 出典:Quitbit

スマホとつながる補聴器

 GN ReSoundが展示する「ReSound」は、BluetoothあるいはWi-Fiでスマートフォンにつながり、スマートフォンのアプリでコントロールできる補聴器シリーズである。

 ReSoundの価格は2000〜3000米ドルで、聴覚学者や医療専門家を通じてのみ入手可能だ。この補聴器の目的は、音圧やSN比、低音や高音を常時モニタリングするスマートフォンのアプリを通じて、ユーザーがもっと自主的に補聴器を使いこなせるようにすることだ。

 この補聴器とアプリを用いると、ユーザーはお気に入りのレストランなど特定の場所では、そこに合わせた設定をカスタマイズできるようになっている。

 Wi-Fiを介して、スマートフォン/タブレット端末から補聴器に直接、音を送ることができる。小型のハブを用いると、テレビから補聴器に音をストリーミングすることも可能だという。

photo スマートフォンとつながる補聴器「ReSound」シリーズ
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.