ニュース
» 2015年01月08日 14時00分 UPDATE

無線通信技術:クアルコムらがLTEカテゴリ9の接続試験に成功、下りで410Mビット/秒を達成

HUAWEI(ファーウェイ、華為技術)は、英国通信会社のEEおよびクアルコム・テクノロジーと共同で、「LTEカテゴリ9」の接続試験を行い、下りの通信速度で最大410Mビット/秒を達成した。

[EE Times Japan]

 HUAWEI(ファーウェイ、華為技術)は2014年12月、英国通信会社のEEおよびクアルコム・テクノロジーと共同で、「LTEカテゴリ9」の接続試験を行い、下りの通信速度で最大410Mビット/秒を達成したと発表した。

 今回の接続試験は、次世代移動通信規格である「LTE-Advanced(LTE-A)」に対応したEEの「4G+」ネットワーク上で、ファーウェイのインフラ装置、クアルコム・テクノロジー製でLTE-Aモデムを統合したプロセッサ「Snapdragon 810」などを用いて行われた。

 LTEカテゴリ9は、無線ネットワークシステムにおいて、下りの通信速度を向上させる規格である。EEはLTEカテゴリ9に準拠した技術を活用して、1800MHz帯の20MHz、2.6GHz帯の20MHzおよび2.6GHz帯の15MHzと、3つの搬送波を束ねて用いた。なお、EEは2012年より、ファーウェイの技術をベースに4G LTEネットワークのサービスを行っている。

 ファーウェイによれば、「LTEカテゴリ9に関する相互接続性試験が成功したのは、欧州では今回は初めてのケース」だという。

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.