ニュース
» 2015年01月09日 14時45分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:2014年の半導体売上高は3398億米ドル、インテルは23年連続で首位に

Gartnerによれば、2014年の世界半導体市場の売上高は、前年比で7.9%増となる3398億米ドルになる見通しだという。DRAMが好調で半導体市場のけん引役となった。メーカーの売上高ランキングでは、インテルが23年連続で首位の座を確保する見込みだという。

[EE Times Japan]

 米国の市場調査会社であるGartner(ガートナー)は2015年1月6日、2014年の世界半導体市場の売り上げが、前年比7.9%増となる3398億ドルになるとの見通しを発表した。さらに、上位25社の合計は同11.7%増と、市場全体よりも大きな成長率になったという。これにより上位25社の市場全体に占める割合は、2013年の69.7%から2014年は72.1%に増加した。

 Gartnerによれば、DRAM市場が2013年に引き続き2014年も活況だったという。DRAMは供給不足によって価格が高止まりし、売上高が2013年比で31.7%増となった。その他、ASIC、ディスクリート、マイクロコンポーネントがプラス成長になったと分析している。2014年のメモリ製品を除いた半導体売上高の成長率は5.4%で、2013年の0.8%よりも大幅に上がった。

 従来型PC市場は2013年にマイナス成長となったが、2014年はわずかながらプラス成長になったとGartnerは予測している。スマートフォン市場は引き続きプラス成長となった。ただ、製品の構成は、ハイエンドのスマートフォンから安価なスマートフォンへ移行したという。一方でタブレット端末は2013年に比べて大きく減速した。

Intelが23年連続で首位に

 売上高の比較で見ると、Intelは、2年連続のマイナス成長を脱して前年比4.6%増となり、23年連続で首位の座を確保した。Samsung Electronicsは前年比15.1%増と堅調に成長した。ただし、スマートフォンについては、「GALAXY」のシェアが2014年4〜6月期に急落するなど、陰りも見えている。

 SK HynixやMicron Technologyなどのメモリメーカーは売り上げを伸ばし、2013年に比べて順位を上げている。SK Hynixは前年比で26.1%と高い成長を記録。2年連続での高成長となった。同社の売り上げは80%がDRAMである。Micron Technologyは前年比41.0%増を記録した。Gartnerは、2013年にエルピーダメモリを買収したことがその要因だとしている。

 日本メーカーでは、東芝が好調だった。ルネサス エレクトロニクスは、前年比9.1%のマイナス成長で、2013年と同じく10位となっている。

表1 世界半導体メーカー売り上げランキングトップ10(単位:百万米ドル)
2014年の順位 2013年の順位 社名 2014年売上高 2014年シェア 対前年成長率
1 1 Intel 50,840 15.0% 4.6%
2 2 Samsung Electronics 35,275 10.4% 15.1%
3 3 Qualcomm 19,194 5.6% 11.5%
4 5 Micron Tecnology 16,800 4.9% 41.0%
5 4 SK Hynix 15,915 4.7% 26.1%
6 6 東芝 11,589 3.4% 2.8%
7 7 Texas Instruments 11,539 3.4% 9.0%
8 8 Broadcom 8,360 2.5% 2.0%
9 9 STMicroelectronics 7,371 2.2% −8.8%
10 10 ルネサス エレクトロニクス 7,249 2.1% −9.1%
その他 155,679 45.8% 5.3%
合計 339,811 100% 7.9%
出典:Gartner(2015年1月、速報値)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.