ニュース
» 2015年01月13日 14時55分 UPDATE

センシング技術:宙に描いた文字を認識、指輪型デバイスで点検作業がペン要らずに (1/2)

富士通研究所は、工場やビルの点検といった用途向けに、重さが10g以下の指輪型ウェアラブル機器を開発した。空中に指で描いた文字を認識し、作業を中断しなくても数字などを入力できるようになっている。2015年中の実用化を目指す。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 富士通研究所は2015年1月13日、重さが10g以下の指輪型ウェアラブル機器を開発したと発表した。工場やビルの点検作業など、民生用途ではなく産業用途を想定している。空中に指で描いた文字を認識するので、ペンで用紙に書き込む時のように、作業をいったん中断する必要がなくなる。

 指輪型ウェアラブル機器には、モーションセンサー(加速度センサー、角速度センサー、磁気センサー)、センサー処理用マイコン、Bluetooth Low Energy対応通信モジュール、バッテリーの他、LED、NFCタグリーダー、「入力操作ボタン」が搭載されている。センサーで検知した指先の動きは、Bluetoothでスマートフォンに送られ、独自に開発した処理技術を使って文字の軌跡を生成、その文字を表示する。「入力操作ボタン」を押すと、「今から文字を書きますよ」という合図になる。これにより、「作業中の指の動き」を、「文字を書く時の指の動き」と誤認識してしまうことを極力抑えられるという。

photophoto 左=指輪型ウェアラブル機器に搭載されている機能。右=空中に手書きした文字の認識技術(クリックで拡大)

 現時点で、数字を認識する精度は約95%。「ただ、被験者がまだ10人くらいなので、さらに多くの評価が必要」(富士通研究所)。さらに、クセ字にどの程度対応できるようになるかも課題だとしている。なお、実際のデモを見たところ、文字を空中に手書きする際は、そこまで大きく書く必要はなく、手元のスペースくらいあれば十分なようだ。

photophoto 指輪型ウェアラブル機器の外観(左)と、それを身に着けて文字を書いている様子(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.